古代研究VI 国文学篇2
  • 最新刊

古代研究VI 国文学篇2

作者名 :
通常価格 1,091円 (992円+税)
紙の本 [参考] 1,364円 (税込)
獲得ポイント

5pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

従来の日本文学における〈時間〉〈作品〉〈作家〉の概念を根底から解体し、民俗学的国文学研究として、特異な分野を拓いた折口信夫。その国文学の〈発生とその展開〉に関する、和歌史を主題とした具体論にして各論。「女房文学から隠者文学へ」「万葉びとの生活」「古代民謡の研究」など、古代と近代との対立と融合をめざした、折口万葉論の集大成ともいえる13篇を収録。貴重な全巻「総索引」付き。解説・長谷川政春/安藤礼二

(目次)
短歌本質成立の時代―万葉集以後の歌風の見わたし/女房文学から隠者文学へ―後期王朝文学史/万葉びとの生活/万葉集の解題/万葉集のなり立ち/万葉集研究/叙景詩の発生/古代生活に見えた恋愛/古代民謡の研究―その外輪に沿うて/日本書と日本紀と/相聞の発達/日本文章の発想法の起こり/お伽草子の一考察

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2017年05月25日
紙の本の発売
2017年05月
サイズ(目安)
9MB

古代研究VI 国文学篇2 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

古代研究 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 古代研究I 民俗学篇1
    「本論を読み解く上で、これ以上に優れたシリーズは他に存在しない」(安藤礼二) 折口にとって「古代」とは単に歴史の時代区分を示すものではなかった。熊野への旅で光輝く大王崎を眼前にし、その波路の果てに「わが魂のふるさと」を感じたことを「かつては祖々の胸を煽り立てた懐郷心(のすたるじい)の、間歇遺伝(あたいずむ)として、現れたものではなかろうか」と記す。「古代研究」はまさに彼が実感を通して捉えた、古代的要素の探求なのである。全論文を完全収録する決定版! 解説・池田弥三郎/安藤礼二
  • 古代研究II 民俗学篇2
    「本論を読み解く上で、これ以上に優れたシリーズは他に存在しない」(安藤礼二) 折口にとって「古代」とは単に歴史の時代区分を示すものではなかった。熊野への旅で光輝く大王崎を眼前にし、その波路の果てに「わが魂のふるさと」を感じたことを「かつては祖々の胸を煽り立てた懐郷心(のすたるじい)の、間歇遺伝(あたいずむ)として、現れたものではなかろうか」と記す。「古代研究」はまさに彼が実感を通して捉えた、古代的要素の探求なのである。全論文を完全収録する決定版! 解説・池田弥三郎/安藤礼二
  • 古代研究III 民俗学篇3
    「鬼の話」「はちまきの話」「ごろつきの話」という折口学のアウトラインを概観できる三編から始まる第三巻。海・山の民が、里の生活と関わりながら、舞や踊り、文学さらには信仰にいたるまでその文化を発展させていったことなど、柳田民俗学と一線を画す論が興味深い。その後の研究のもととなった「三郷巷談」「まじないの一方面」「方言」ほか、天皇の即位儀礼に関する画期的論考「大嘗祭の本義」も所収。解説・加藤守雄/安藤礼二
  • 古代研究IV 民俗学篇4
    「日本の『神』は、昔の言葉で表せば、たまと称すべきものであった」--。霊魂、そして神について考察した「霊魂の話」や、文献に残る絵図とともに詳説した「河童の話」、折口古代学の核心に迫る「古代人の思想の基礎」など十三篇を収録。巻末には、『古代研究』に収められたそれぞれの論文の要旨の解説にくわえ、「折口学」の論理的根拠と手法について自ら分析・批判した「追い書き」も掲載。 解説・加藤守雄/安藤礼二 【もくじ】 呪詞及び祝詞 霊魂の話 たなばたと盆祭りと 河童の話 偶人信仰の民俗化並びに伝説化せる道 組踊り以前 田遊び祭りの概念 古代人の思考の基礎 古代に於ける言語伝承の推移 小栗判官論の計画 「餓鬼阿弥蘇生譚」終篇 漂着石神論計画 雪まつりの面 「琉球の宗教」の中の一つの正誤 追い書き 解説 折口信夫研究 加藤守雄 新版解説 霊魂としての神 安藤礼二 収録論文掲載一覧
  • 古代研究V 国文学篇1
    時を定めて海のあなたから来臨する神「まれびと」の聖なる言葉である「呪言」に、日本文学の発生をみた折口。そのアプローチは、「民俗学的国文学研究」として、新たな道を切り開いた。核をなす「国文学の発生」について論じた四篇を所収。「言語」に執着し、日本語の発生を探るために朝鮮語、モンゴル語、アイヌ語までを学び、「新しい国学」を興すことを目指した折口の、希有な日本文学発生論。 解説・長谷川政春/安藤礼二 【もくじ】 国文学の発生(第三稿)--まれびとの意義 国文学の発生(第一稿)--呪言と叙事詩と 国文学の発生(第二稿)  呪言の展開、巡遊伶人の生活、叙事詩の撒布 国文学の発生(第四稿)--唱導的方面を中心として  呪言から寿詞へ、叙事詩の成立とその展開と、語部の歴史、賤民の文学、戯曲・舞踏詞曲の見渡し 解説 折口信夫研究 長谷川政春 新版解説 ホカヒビトからマレビトへ 安藤礼二 収録論文一覧 著者略年譜
  • 古代研究VI 国文学篇2
    従来の日本文学における〈時間〉〈作品〉〈作家〉の概念を根底から解体し、民俗学的国文学研究として、特異な分野を拓いた折口信夫。その国文学の〈発生とその展開〉に関する、和歌史を主題とした具体論にして各論。「女房文学から隠者文学へ」「万葉びとの生活」「古代民謡の研究」など、古代と近代との対立と融合をめざした、折口万葉論の集大成ともいえる13篇を収録。貴重な全巻「総索引」付き。解説・長谷川政春/安藤礼二 (目次) 短歌本質成立の時代―万葉集以後の歌風の見わたし/女房文学から隠者文学へ―後期王朝文学史/万葉びとの生活/万葉集の解題/万葉集のなり立ち/万葉集研究/叙景詩の発生/古代生活に見えた恋愛/古代民謡の研究―その外輪に沿うて/日本書と日本紀と/相聞の発達/日本文章の発想法の起こり/お伽草子の一考察

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ソフィア文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング

折口信夫 のこれもおすすめ

死者の書

死者の書

愛護若

愛護若

無料あり
  • 試し読み

新しい国語教育の方角

新しい国語教育の方角

無料あり
  • 試し読み

稲むらの蔭にて

稲むらの蔭にて

無料あり
  • 試し読み

歌の円寂する時

歌の円寂する時

無料あり
  • 試し読み

歌の話・歌の円寂する時 他一篇

歌の話・歌の円寂する時 他一篇

  • 試し読み

「絵はがき」評

「絵はがき」評

無料あり
  • 試し読み

鸚鵡小町

鸚鵡小町

無料あり
  • 試し読み