妖たちの四季
  • 値引き

妖たちの四季

作者名 :
値引き価格 526円 (479円+税) 9月30日まで
通常価格 753円 (税込)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

太鼓長屋に住む弥助のもとには、今日も妖怪たちがやってきて大賑わい。妖怪に季節外れの花見に誘われた弥助と千弥だが、ふたりのあとをこっそりつけていた久蔵までもが紛れ込んでしまい……。(「春の巻」) 心配性の叔父、月夜公に屋敷に閉じ込められてしまった津弓。ふてくされた甥をなぐさめようと月夜公は弥助をさらってくるが……。(「夏の巻」) 小妖怪の身でなぜ玉雪は立派な栗林をもっているのか?(「秋の巻」) 千弥と月夜公の過去の物語。(「冬の巻」) 妖怪の子預かり屋の弥助と妖怪たちの心温まる四季の交流を描く、人気シリーズ第3弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
シリーズ
妖怪の子預かりますシリーズ
ページ数
317ページ
電子版発売日
2016年12月16日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

妖たちの四季 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月28日

    久蔵と華蛇族の姫初音との意外な出逢い、やんちゃな泣き虫の可愛い津弓と梅吉の出逢い、うさぎの妖怪の玉雪と孤独な少年の出逢い、そして千弥と月夜公の意外な出逢いの過去が満載でした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    恋の季節 春、子妖怪達の賑やかな夏、玉雪の山の秋、月夜公と千弥の出会いの冬とどの季節のお話も素敵でした。
    私が特に好きなのは、春のお話と冬のお話です。
    この3巻を読むと、登場する人、妖怪達の性格がよくわかり、ますますこのシリーズが好きになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    四季それぞれの物語。
    久蔵ってば、いや、もう、すっごい大人物なんじゃ。
    あの展開はびっくり。最高!
    玉雪や、千弥&月夜公の過去はどちらも優しく切ない。
    しかし、ふーん、月夜公ってば、とんだシスコンw
    その姉の子じゃぁ、津弓にああいうことになるよねー。
    千弥の友情ゆえの行動には胸が痛くなる。
    弥助と会...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月13日

    四季折々に、弥助と妖怪たちの話が5つの短編として綴られる。月夜公と千弥の昔が明らかになる話も興味深いのだけれど、私は子妖怪たちが可愛い夏の話が好き。今後の展開が気になる話もあるので、続刊が楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月07日

    キャラクターのお約束が楽しいし、過去の話での奉行のシスコンぷりが笑 好感度爆あげ。
    妖怪預かってない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月06日

    シリーズ3作目。どの話もよかった~。1話目、久蔵と初音がそうなるとは・・・これからどうなっていくのか・・・。2話目、いつか「悪たれ二つ星」の話を読めるのかな?3話目、安天の境遇は悲しいものだったけれど、玉雪に出会えてよかったな。4話目、千弥と月夜公の微妙な関係の裏には、こんないきさつがあったのかぁ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月19日

    巻を増すごとに好きになっていくなぁー。
    特に今回は短編が集まっていてどれもこれもとても優しくてかわいくて愛しい。
    今までのシリーズで一番好きだー。

    四巻五巻と続くようでとてもとても楽しみ。

    いつまでどこまで謎が続くんだろう、というのとは違うこういういつまでも続きそうなシリーズものは楽しいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    【腹減り度】
    ☆☆2
    【食べ物の割合】
    ☆1.5
    【1番美味しそうだったもの】
    焼き栗と栗おこわ

    *感想*
    しゃばけをぐっとファンタジーよりにした、あやかし交流ものの第3弾。今巻は短編集で、様々な脇役たちにスポットが当たっていて賑やかで面白い。千にいの過去話もこんな早く語られるとは。月夜公が好きに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月21日

    こうゆう短編集は大好きですな。
    とくに千弥と月夜公の話はいい‼️
    キリキリとした読書が長かったのでほっこりしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月08日

    お話は面白かった。でも、今回は弥助が主役って感じじゃなくて、エピソードトークで終わっちゃった感じだった。今も昔も千弥がいいひとだったということが分かった。前回あんまり出てこなかった玉雪さんが結構出てきたから嬉しかった。ネタ切れ感があるけど次回が楽しみ。期待してます!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています