ホワット・イズ・ディス? むずかしいことをシンプルに言ってみた

ホワット・イズ・ディス? むずかしいことをシンプルに言ってみた

作者名 :
通常価格 3,168円 (2,880円+税)
紙の本 [参考] 3,520円 (税込)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【カラー/固定型】カラー・大画面での閲覧に最適化されたコンテンツです/ものごとの仕組みやなりたちは、専門家しかわからない、むずかしい言葉でなくては説明できないものだろうか……マンガで科学を解説するのが得意なマンローさんはそう考えた。そして、棒人間マンガとイラストと、小学生にもわかる言葉だけで、こういうややこしいものを説明する本をつくった。あなたが言葉でしか知らないものごとは、実はこんなふうにできていた! 思いがけない表現から生まれるユーモアとマンガとイラストが楽しい、ベストセラー『ホワット・イフ?』の著者による世界のトリセツ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
早川書房
ページ数
72ページ
電子版発売日
2016年11月30日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
77MB

ホワット・イズ・ディス? むずかしいことをシンプルに言ってみた のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年08月15日

    科学絵本なのかと思うが、敢えて、図鑑という分類にさせていただく。とてもおもしろい。読み始めたら、終わらない。そして、読後感が半端ない。子どもがいたら、一緒に読みたいな、そして、いろいろ語りたいなと思う一冊。ひとつひとつがたくさんの情報に溢れているのに、とてもシンプルなのだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    書店で見かけて、後々忘れられず購入。もはや絵本ではないレベルの細かさで文章と絵が隙間なく書き込まれている感じがたまらない。眺めてるだけ、持ってるだけで満足。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月05日

    前作が面白かったので二作目も読んでみた。今回の本は小学生の頃に読んだら多分ずっと読んでただろうな。小学生の頃は家に図鑑とか辞典しかなくて、そればっかり読んでたから。一作目で印象に残った元素記号の説明がかなりマイルドに描いてある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月21日

    「飛行機はどうして飛ぶか?左右に旋回するにはどんな部品がどう動いているか?」
    というような”むずかしいこと”を図と言葉で教えてくれます。
    ゆえに技術者である私は「興味のあるページだけを楽しく流し読みすること」ができました。

    1ページあたりの情報量(図中のパーツ数や、説明する文章)がとても多い本です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月07日

    面白かったのだけど、余りにもでかくて、置く場所がないのが、困った。
    専門用語を如何に使用せず、徹底した「まわりくどさ」に、笑った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月03日

    わかりやすく図解するというコンセプトはとても興味深い。しかし、解説の文体がxdcdでめんどくさい。結局、知っているヒトがニンマリするだけで、知らないヒトの知識が豊かになるようなものになっていない。大判本で取り回しが大変なのは、図解という性質上しょうがない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月13日

    よく知っているつもりなのに、説明せよと言われると、いやぁあのうみたいなものを分かりやすい言葉で解説。
    何の説明なのか分かるまでに多少時間がかかったものも(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月24日

    野球のボールを光速で投げたらどうなる?でお馴染み「ホワット・イフ?」作者の第2弾。
    子どもにも宇宙人にもわかるように噛み砕いて噛み砕いて説明する、実は高レベルで理解している人にしかできない手法は、あさりよしとお式アプローチとでもいうか。逆に、本書の説明を専門用語に置き換えられるか、という、たほいや的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています