生命、エネルギー、進化

生命、エネルギー、進化

作者名 :
通常価格 3,888円 (税込)
獲得ポイント

19pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高い評価を得た『ミトコンドリアが進化を決めた』の著者が、当時の理論を直近十年余の研究に基づいてバージョンアップし、進化史の新たな切り口を問う一冊。絶え間なく流動する生体エネルギーが、40億年の進化の成り行きにさまざまな「制約」を課してきたと著者は言う。その制約こそが、原初の生命からあなたに至るまでのすべての生物を彫琢してきたのだ、と。「化学浸透共役」というエネルギー形態のシンプルかつ変幻自在な特性に注目し、生命の起源のシナリオを説得的に描きだす第3章、「1遺伝子あたりの利用可能なエネルギー」を手がかりに真核生物と原核生物の間の大きなギャップを説明する第5章など、目の覚めるようなアイデアを次々に提示。起源/複雑化/性/死といった難題を統一的に解釈する。本文より──『生命とは何か(What is Life?)』でシュレーディンガーは……完全に間違った疑問を発していた。エネルギーを加えると、疑問ははるかに明白なものとなる。「生とは何か(What is Living?)」だ。──最前線の研究者の感じているスリルと興奮を体感できる、圧倒的な読み応えの科学書。

ジャンル
出版社
みすず書房
ページ数
408ページ
電子版発売日
2016年11月18日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年11月08日

物質ではなくエネルギーの観点から、大きく二つの仮説を展開されています。
生命の誕生に関する仮説、多様な生命への進化が非常に稀なケースであったという仮説です。
いづれも現在の定説を否定し、仮説ではありながら説得力のある議論が展開され、とてもスリリングな物語になっています。すごくワクワクさせられました。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月08日

生命の起源や進化ブロセスを、その必然性も含めて明確に論理付けした画期的な書。

全宇宙に存在する元素や物理法則が共通である限り、生物の存在形態は地球上のものと違わないことが明快に示された。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月28日

エキサイティングで一気に読ませる。生物をエネルギーの観点から論じ、その起源と進化について述べられている。生命が利用するエネルギーは酸化還元反応による電子の流れ、それを利用したプロトンの汲み出し、その結果生じるプロトン勾配を利用した水車的なナノマシンによるATP産生による。そこから最初に生命が生まれた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月16日

すごーく単純な細菌と、すごーく複雑な真核生物の間がいないのは何故か?…細胞内共有説ってちょっとエグい。
生命誕生の環境を天然のプロトン勾配=具体的にアルカリ熱水孔に絞り込んでいく過程は画期的なんだろうけど、イマイチ興味外( ̄▽ ̄)むしろ、内部共生体にバラまかれたパラサイトをイントロンとしてスプライシ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月11日

ビル・ゲイツが絶賛するので読んだが、今の自分には絶望的な難しさ。この本での学びは自分がいかに無知であること。非常にありがたい経験。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています