無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教

無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教

作者名 :
通常価格 1,836円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「多死時代」に突入した日本。今後20年以上に渡って150万人規模の死者数が続く。
遺体や遺骨の「処理」を巡って、いま、“死の現場”では悩ましい問題が起きている。
首都圏の火葬場は混み合い「火葬10日待ち」状態。
遺体ホテルと呼ばれる霊安室ビジネスが出現し、住民運動が持ち上がっている。
都会の集合住宅では孤独死体が続々と見つかり、スーパーのトイレに遺骨が捨てられる――。
原因は、地方都市の「イエ」や「ムラ」の解体にある。その結果、地方で次々と消える寺院や墓。
地方寺院を食う形で、都市部の寺院が肥大化していく。
都心では数千の遺骨を納める巨大納骨堂の建設ラッシュを迎えている。だが、そこに隠される落とし穴――。
日本を覆い尽くさんばかりの「無葬社会」の現実。
現代日本における死のかたちを通して、供養の意義、宗教の本質に迫る。
ベストセラー『寺院消滅――失われる「地方」と「宗教」』の著者、渾身の第2弾。

【目次】

(第1章) 彷徨う遺体と遺骨
 火葬10日待ちの現実
 遺体ホテルが繁盛する時代
 増える献体、捨てられる遺骨  ほか

(第2章) 変わりゆく葬送
 葬儀のない葬儀場
 都心のビルに一万基の遺骨
 日本海に浮かぶ散骨島  ほか

(第3章) 縁を紡ぐ人々
 孤独死を防ぐ縁のかたち
 路上生活者を供養する僧侶
 難民キャンプに図書館を  ほか

(第4章) 仏教存在の意義 ~原始仏教研究者・佐々木閑氏に聞く~
 日本仏教の特殊な成り立ち
 今を生きる人のための仏教
 社会の受け皿としての仏教  ほか

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
320ページ
電子版発売日
2016年11月04日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月12日

火葬場が不足し、おいつかないインフラ。
また人間の火葬に加え、ペット葬も増えている。

待機児童が話題だが、遺体も待機している状態。
日本は、超高齢社会といわれているが、筆者は多死社会と言い換えている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月07日

前作『寺院消滅』の続編。前回は、いわゆる地方都市などの過疎による寺院と人々のあり方を論じていたが、今作は、都市部においての、葬式の現状や、仏教のあり方、また、現代的価値観と葬式についてのルポになっている、

今後の筆者の取材にも期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月14日

葬儀、墓、死の現状が事例とともに紹介されている。三男で、田舎から都会に出て住んでいるので、墓の問題は少し気になっており、興味深く読ませてもらった。
お骨の処分に困ってわざと置き忘れる位なら、最初から引き取らなければいいのではないかと思うが、そうはいかないのかな?世間体だけの問題か?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月16日

多死時代の到来と葬送の変化。孤独死が増え、派手な葬式は少なくなり、地方の寺院は存続困難、都会の永代供養墓が人気。互助会や仏教界に多少の動きあり。

世の中に起きている変化を再確認。昔には戻れないのだから、今後どうなっていくか、まだわからない状況。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月16日

日本では仏教は死者への祭礼しか請け負っていない。でも確かに宗教ならば生者にも寄り添うべきであり、それが出来てなかったから今の衰退がある、というのはわかったような。誰もが迎える死というものを教える存在に仏教がなりえなかったのが、現代人の死を忌避する原因??色々考えさせられる一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play