苦手図鑑

苦手図鑑

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

読むとどうでもいい気分になって酒でも飲んで眠りたくなる、脱力系エッセイ集。

居酒屋の店内で迷子になり、電話でカジュアルに300万の借金を申し込まれ、ゴミ分別の複雑さに途方に暮れる……。
キミコさん(趣味・昼酒)の「苦手」に溢れた日常を、無駄に繊細な筆致で描きます。

文庫書き下ろし有り。

解説=小路幸也

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年10月25日
紙の本の発売
2016年10月
サイズ(目安)
1MB

苦手図鑑 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年01月12日

    2008~10年に「小説野生時代」に掲載された34篇を2013年に単行本化し、さらに1篇を加えて文庫化。

    エッセイというが、半分小説ではないかと疑っている。
    だっておもしろすぎるんだもの。絶対に電車で読んではいけません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月23日

    けっこう好きなタイプ。
    ひたすら妄想に励み、おいおい、そんな暮らしでお前大丈夫か、というツッコミを入れつつ、まぁフィクションかもしれんけどさ、と自己完結したりながら読んでいくけど、ネタの方向性がけっこう被っているので、一気に読むと飽きる気もする。最初の方のインパクトは凄かったのに、段々イマイチになっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月10日

    今までで1番読み終わるのが早かった!
    本の薄さもあるのかな?
    苦手に特化した本で、どう向き合うか、どう逃げるかが面白く読めました。
    ゴミ分別の話は懐かしかったです。
    ミーゴスって名前だと知らなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月29日

    妄想の暴走による日常のデフォルメ・エッセイ。

    平穏無事なる日常も北大路公子の手にかかれば、妄想の暴走と余りのダメダメぶりに、笑いと怒りに包まれた危険極まりない日常へと変貌する。

    昼酒を好み、スモウを嗜み、雪かき以外のストレスを感じない生活に憧れるなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月20日

    他愛もない内容を書いているのに、とても面白い。このひとおもしろいなー!!と笑いながら読めました。
    読みやすいし、気分転換にいいです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月16日

    顔がにやけるのを止められなくなるから、電車の中で読んじゃいけない。でも、自宅で読んでるとなぜか眠くなってしまうので、外で読んだ方が緊張感(?)が保ててよい…のかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月18日

    ホラー映画とチーズの話は共感できるなー。
    それにしてもあらすじに書かれている「無駄に繊細な筆致で描く」っていうの、失礼だけど的を得てるなあ(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月30日

    201610/どうでもいいような日常ごとを、時に妄想を時に自説を挟みつつ、延々と書く笑、おなじみの北大路エッセイ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング