仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方

仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ついしたくなる」にはシカケがある。
スタンフォード大学の講義でも用いられている、日本発のフレームワーク、仕掛学【Shikakeology】。

押してダメなら引いてみな。一言で言うとこれが仕掛けの極意です。
人に動いてほしいときは無理やり動かそうとするのではなく、
自ら進んで動きたくなるような仕掛けをつくればよいのです。
ただ、言うは易し行うは難し。そのような仕掛けのつくり方はこれまで誰も考えてきませんでした。
本書では仕掛けの事例を分析し、体系化。
「ついしたくなる」仕掛けのアイデアのつくり方についてご紹介します。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2016年09月23日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年07月24日

ついつい思わずしたくなる……そんな人間の心理を利用(?)して、目的を達成しようと仕向ける「仕掛学」。筆者は元々人工知能の研究を行っていたそうだ。例えば、複数のバインダーに斜めの線を入れておく。線が揃わないと気持ち悪いからついつい順番通りに直したくなり、結果的に整理整頓が捗る。あるいは、おもちゃ箱の上...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月10日

無意識にそうさせようとする仕組みをうまくついています。
どうしてもそのように行動してもらいたいときは文章で訴えがちですが、それではなかなか大衆は動かない。
アイデアが面白くてすごく参考になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月06日

まさに究極の改善活動。改善するのではなく改善誘導するという考えが秀逸。仕掛けはいまや「学」がついて仕掛学まで昇華してきた。残念なのは著者も書いているように学会がないこと。せめてフォーラム的な場でもあれば盛り上がるんだろうが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月12日

個人的に興味を持っている、どのような仕掛けをすると人は動くのかという点から、まさにドンピシャのテーマだと思って購読。バスケットゴール付きのゴミ箱、ピアノの音が出る階段、立ち小便防止の鳥居マークなど、様々な仕掛けを分析し、そのエッセンスが解説されている。これはこれで面白いのだが、やはり事例が少ないのと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月28日

「FAD要件」がわかりやすかったですね。いわれてみると「なるほど」とは思います。出来上がったものを見ると、「よく考えているな~」と思うんですが、いざ自分で考えるとなると…ですね。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています