七日間の幽霊、八日目の彼女

七日間の幽霊、八日目の彼女

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 693円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

――ぼくは、彼女が誰なのかわからない。ちょっとした不注意で事故に遭い、入院することになったぼく。退院の日、目の前に現れた女の子は、ぼくの“彼女”だと自己紹介してくれた。でも、ぼくの記憶では自分には彼女はいなかったはずなのに。――彼は、わたしが誰なのかわからない。今回の夏も、わたしは彼の前にやってきた。二人で過ごした日々、一緒に見上げた星空を取り戻すために。同じ七日間を過ごす彼を連れて、八日目の世界を教えるために。これは、夏を繰り返す、彼女とぼくの不思議な恋の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2016年09月23日
紙の本の発売
2016年08月
サイズ(目安)
6MB

七日間の幽霊、八日目の彼女 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    単純に好きな物語だった。
    伏線もあれこれ想像しながら楽しめたし、天体に関する話の付随も綺麗でいいなと感じました。
    自分が彼女たちや、彼の立場だったなら…
    感情移入しながら、一気読みでした。
    今と、これからに目を向けたいけれど、読み終わった今だけはいいよね…
    学生時分の、あの時を思い返しても。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    七日間の幽霊、八日目の彼女

    林檎。 2020年11月28日

    僕はあまり小説を読まないのですが、この作品のタイトルを見た時に運命に似た何かを感じました。
    説明すると長くなりそうなので一言で、
    最高でした!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    主人公の明良はひどい交通事故に遭い、入院することになった。その明良の前に現れた一夏という向日葵のような明るくて可愛い女の子が、彼女だと自己紹介します。明良には彼女がいないはずだったのに。語り手が一夏に変わると、徐々に秘密が明らかになってきます。記憶がない明良と突然明良の前にやってきた一夏の夏の恋の物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月14日

    話としては何となく先が読めてしまうものの上手く作ってあると思う。ただご都合的なところが端々にあるのがどうにも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています