終わる世界の片隅で、また君に恋をする

終わる世界の片隅で、また君に恋をする

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

それは、いつからだったろう。この世界に奇妙な現象が起こり始めた。人が、その名前も、周囲の人たちとの関係も、そしてその存在すらも、全てを忘れ去られてしまう。忘れられて、誰の記憶からも消えてしまうのだ――。 ――忘却病。 いつしかその現象は、そんな名前で呼ばれるようになった。全ての人が全ての人を忘れたとき、それが世界の終わりになるのだろうか……。それに抗うかのように、僕は保健室登校の桜良先輩と、忘却病に罹った人の最後の望みを叶える『忘却病相談部』を始めることになったのだが――。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年07月09日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

終わる世界の片隅で、また君に恋をする のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月15日

    作品中の忘却病は、関わりのあった人、知人、友人、家族から忘れられてしまい、最後には世界からも消えてしまうという病。乃木坂春香の秘密(ラブコメ)から十年余り。泣ける、という表現は好きではないが、泣ける作品になっている。仄悲しい成分を含んだライトノベルは多く心に残っているがこれも心に残る一冊となった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月31日

    人が本当に死ぬ時は、生命活動を終えた時ではなく、全ての人の記憶からその人のことが喪われた時である、という考えがある。

    本作は「忘却病」という現象で、人や社会から忘れ去られていく人々(女子高生)を描いた青春小説だ。忘却病という病(現象)に対する説明やその真相に弱いところはあるが、その辺のロジックは置...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています