下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

俳句とお弁当。この二つは一見何の関わりもないものに思えるけれど、共通点がある。それはどちらも人の心に寄り添ってくれるということ。辛い時にはその人をなぐさめるように、楽しい時にはその人を祝うかのように、そっと傍らに在ってくれる――。社内恋愛騒動に巻き込まれ、傷心の三崎佳奈が東京深川でふらりと立ち寄ったのは、細い路地の奥にある小さなお弁当処、『芭蕉庵』。心に寄り添った、美しい俳句と美味しいお弁当を提供してくれるこのお店には、今日も俳句をたしなむ町の人々が集まってくる。心を癒す詠み人の集いに、あなたも触れてみませんか?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2018年02月23日
紙の本の発売
2018年01月
サイズ(目安)
5MB

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月10日

    諸事情で引っ越した土地での、弁当屋さんの出会い。

    芭蕉大好き、な人が出てくるので、若干芭蕉に強くなれます。
    店がお弁当屋さんなので、出てくる料理も美味しそうで
    空腹時に読むと危険な感じです。

    弁当を作っている人がほんわかで、柔らかそうな…と思っていたら
    何だか背後が?? な現実が。
    立ち直ってく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月29日

    芭蕉を好きな店長?と常連に出会った失恋した女性のお話。
    どのお弁当もきちんと手順を踏んでいる感じで美味しそうでした。

    人は人でこじれやすいけれど救われるのも人なんですよね。

    私は牛すじのカレーが食べてみたいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています