魔王城でおやすみ(1)

魔王城でおやすみ(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

無料キャンペーン中

2020年01月30日まで

魔王城でおやすみ(1)【期間限定 無料お試し版】

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

かつて、人と魔が存在していた時代…
魔王は人間の姫をさらい、自らの城に幽閉した。
人々は怒り、勇者は姫を救うために旅立つ!!
そんな中、檻の中で姫は想う…
「寝る以外、する事ない」

安眠する方法を探すため、囚われの姫が魔王城で好き勝手!
新感覚、睡眠ファンタジーコメディー!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
ページ数
168ページ
電子版発売日
2016年10月14日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
31MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

か、かわいい……!!!とにかく「かわいい!!!」の一言に尽きるファンタジーマンガ!
魔王城に囚われた人間のお姫様ことスヤリス姫。 しかし魔王城での生活は退屈で、「寝る以外、する事ない」とより良い安眠を求めて悪魔と魔王城内を徘徊!良質な毛でフワフワなくまの悪魔から綿をとって枕をつくったり、悪魔教会の備品である棺桶を無断で寝床にしたりと、囚われの身にも関わらず我が城のように好き勝手し放題!そんなスヤリス姫に魔王城の悪魔たちも手を焼きますが、彼らの姫対策もすべて徒労に終わり、毎回姫が安眠を獲得して終わるというのがお約束です。スヤリス姫を捕らえた張本人である魔王でさえ、彼女のかわいさと傍若無人ぶりに手も足も出ません。もはや姫だけでなく振り回される悪魔たちさえもかわいい。みんなかわいい!
いつも無表情のスヤリス姫が安眠する時にだけ浮かべる至福の表情に、読んでるこっちもほっこり。ぜひ睡眠前に読むのがオススメの作品です。

    姫かわいい

    あんみつ 2018年02月11日

    質の良い眠りを探求るお話
    内容的にすぐ飽きるかと思っていましたが、
    RPG 要素と姫の周囲を気にしない自由な行動にどんどん引き込まれていきました
    とても面白かったです

    このレビューは参考になりましたか?

    癒される

    とも 2017年11月13日

    三大欲を刺激する素晴らしい作品。
    結局最新刊まで購入してしまいました。
    個人的には癒されます

    このレビューは参考になりましたか?

    予想と違った作品

    BookLive!会員 2017年03月15日

    魔王に捕まったスヤリス姫を勇者が助けに行く話しかと思ったら、捕まっているはずの姫がある目的を果たす為に自由に魔王城を歩き回り、その為におきる騒動の数々を書いたコメディでした。ついつい、続巻が読みたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月26日

    姫の求めるものは 快眠
    ただ一つ!!
    そして快眠のためなら
    折角の宝物もぶっ壊して
    カスタマイズ
    無残にも叩き壊されてます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月22日

    "「そもそもなんだその態度は…!
    俺が定めた「魔王城人質法」によれば、
    人質である貴様は「偉大な魔王様が恐ろしくて眠れないべき」なのだぞ!」
    『?』
    「急に宇宙の話をふられた時のような顔をするんじゃない!」"[p.74]

    魔王城での快適な眠りを求めて城内(時に城外)を彷徨くお姫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月22日

    さらわれた魔王城で安眠するために、好き勝手に大暴れするお姫様のギャグ漫画。コミックナタリーで連載開始の記事を見て一目ぼれしてから、コミックス発売を楽しみにしていました。睡眠がテーマなので、すぐにネタ切れしてしまうのでは? と読み進めていったのですが、古今のゲームネタにもしっかり絡めていて楽しい! 姫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月02日

    魔王城で囚われの身のはずのお姫様が日々安眠のために魔王城内で魔物に手をかけたり死んだりと横暴の限りを尽くす。イケメン魔王とマイペースお姫様の絡みが好きなので第11夜「触れなば落ちぬ」がとても好きですね。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 13件
  • 魔王城でおやすみ(1)
    かつて、人と魔が存在していた時代… 魔王は人間の姫をさらい、自らの城に幽閉した。 人々は怒り、勇者は姫を救うために旅立つ!! そんな中、檻の中で姫は想う… 「寝る以外、する事ない」 安眠する方法を探すため、囚われの姫が魔王城で好き勝手! 新感覚、睡眠ファンタジーコメディー!!
  • 魔王城でおやすみ(2)
    かつて、人と魔物が同時に存在し、互いに争っていた時代。 人間の姫・スヤリスは囚われた魔王城の檻の中で想うのだった。 「…寝具の質が悪すぎる」。 城内をしれっと徘徊、そしてうっかり幼児化!? ちゃっかり季節のイベントに参加して、 おニューの布団(トモダチ)もゲットだぜ…! 囚われの身だけど、安眠のためならやりたい放題! 睡眠ファンタジーコメディー、第二巻…!!
  • 魔王城でおやすみ(3)
    魔王によって人間の姫がさらわれた…! 人々は悲しみ、怒り、そして勇者は旅立つ! その時、囚われの姫・スヤリスは… 「寒いから…暖かくして寝たい…」 毛糸のぱんつで防寒対策はばっちりだし、 新作のベッドは羽毛布団(ハーピィ)にぴったり!! 安眠を求めて自由気ままな人質(スヤリス)姫の 睡眠ファンタジーコメディー、第三巻!
  • 魔王城でおやすみ(4)
    囚われの姫はいただいた!! 真の魔王を名乗る魔物・ハデスによって 魔王城から旧魔王城へ再びさらわれたスヤリス姫… 魔物たちは戸惑い、魔王軍は人質奪還のため立ち上がる! その時、姫は想うのだった… 「やっぱり、寝る以外する事ない…」 ふたつの魔王城をまたにかけ、 安眠を求めて、囚われの姫が大暴れ!? 新たな魔物(ヒガイシャ)も続々登場!新展開の第四巻!!
  • 魔王城でおやすみ(5)
    魔王軍、人質姫の身勝手さに今さら気付く。 かつて、魔物と人が争う時代… 魔王軍の人質となったスヤリス姫は 幽閉された魔王城で 自由気ままに安眠を求めていた。 そんな姫を見て、魔物たちは今更想う… 「この姫…人質なのに好き勝手しすぎでは…?」 姫の“人質らしさ”を強化するべく、魔物たちが考えた対策は…!? かわいい魔物(ペット)が成獣に!?ついでに姫(かいぬし)も巨大化! 虫歯の治療が嫌だっ...
  • 魔王城でおやすみ(6)
    魔王様!また姫が魔王城から脱走してます! かつて、人と魔物が争う時代。 囚われの魔王城からうっかり脱出できてしまったスヤリス姫。 人質捕獲に焦る魔王軍に向かって、姫は言う… 「じゃあ、みんなで行こうよ。人間界。」 まさかの無茶振りに魔王たちは…!? パジャマパーティ…という名の女子会は、 リハーサルから波瀾の連続!? 新しい影武者(トモダチ)もできたし、 美味しいお夜食も召し上がれ♪ 秋...
  • 魔王城でおやすみ(7)
    サンタさんへ。実家に帰りたいです… かつて、人と魔物が争う時代… 人質として好き放題やっていたスヤリス姫が、遂にホームシック…!? 人質を人間界に帰すわけにいかない魔王は言う。 「ちょっとだけだからな…?」 魔王様御一行、いざ王宮(敵の本拠地)へ…!! 人間に見つかってはいけない極限の状況で、スヤリス姫のとった行動は…? 魔物はチョコに振り回されて、姫はこたつで丸くなる…? ほっこりあっ...
  • 魔王城でおやすみ(8)
    怖くて悪い…立派な魔物になります…!! 春…魔王城に新人魔物がやってきた! 新人魔物研修旅行を控え、準備にいそしむ魔物たち… そんな中、新人たちの憧れの存在、魔王率いる十傑衆は皆、一様に思っていた… 「人質を甘やかしてるって、新人にバレたら絶対マズい…!」 まくらなげを楽しみにしている姫を連れて、はたして、新人たちの純粋な期待を裏切ることなく、無事に旅行を乗り切れるのか…!? 姫の無駄...
  • 魔王城でおやすみ(9)
    姫、人質として魔族の伝統行事に参加…!? 夏、全魔族の結束を高める崇高な祭典、魔王城大納涼祭が開催される…!! しかし、スヤリス姫の自由すぎる生活を 城外の魔物に知られたくない魔王は言った… 「姫、人質らしくしているのだぞ…」 でも…お祭りに参加したい! そんな姫の“人質らしい”作戦は…!? 人質姫も魔物もみーんな、なかよし!第九巻!!
  • 魔王城でおやすみ(10)
    姫を父上に会わせるわけにはいかん! カリスマ先代魔王・ウシミツの隠居先を訪ねることになった魔王・タソガレ一行。 今回ばかりは人質同行なんて以ての外! スヤリス姫には内緒で出発するべく、情報統制に奔走する魔王の背後で、姫は思った… 「秘密の隠居生活…絶対見学したい!!」 姫の本気すぎる情報収集が始まる…!? 魔物のみなさん、いっつもご苦労様…な第十巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「熊之股鍵次」のこれもおすすめ