パブリックスクール ―檻の中の王―

BL小説 6位

  • 値引き

パブリックスクール ―檻の中の王―

作者名 :
値引き価格 492円 (448円+税) 8月20日まで
通常価格 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

名門貴族の子弟が集う、全寮制パブリックスクール――その頂点に君臨する、全校憧れの監督生(プリフェクト)で寮代表(ヘッドボーイ)のエドワード。母を亡くし、父方の実家に引き取られた礼(れい)が密かに恋する自慢の義兄だ。気ままで尊大だけれど、幼い頃は可愛がってくれたエドは、礼の入学と同時に冷たく豹変!! 「一切誰とも関わるな」と友人を作ることも許さずに!? 厳格な伝統と階級に縛られた、身分違いの切ない片恋!!※口絵・イラスト収録あり

ジャンル
出版社
徳間書店Chara
掲載誌・レーベル
キャラ文庫
電子版発売日
2016年09月09日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

パブリックスクール ―檻の中の王― のユーザーレビュー

    購入済み

    多分

    ルイジ 2019年11月15日

    今まで読んだBL小説の中で1番貪り読みました。超エゴ ドS 執拗溺愛 攻めでありながら、根底が優しい王様なエド、あまりにもレイを孤独に身を置かせるやり方に可哀想になるが、これが物語には大事で…脇役のオーリーやギルのセリフもピカイチ光る。
    健気すぎる可愛いレイに 首ったけになります。
    そしてエロい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月12日

    最低2回は読むべき。
    3冊読んで、また最初から読むと、全然違う思いが沸くと思います。
    青い血を持つ貴族と混血児のアジア人の恋。
    そこには血族、価値観、環境、何もかもが彼らを許さない世界。
    そんな中でひたすらに愛を抱くコマドリとどこにいても「王」たる男の悲恋・・・。
    ということで、1巻は結構悲惨で、2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    もうとても良かったです!

    rierin 2020年07月28日

    この作品で執着攻め、パブリックスクール、英国、と色々なものに目覚めてしまったかもしれません。
    全寮制、英国、英国紳士、タキシード....
    全部好きです。
    1巻読んだ後はなんかグダグダだな〜と思っていたものの、あまりにもレビューが高いので2巻まで読み進めていた所、気付いた時にはもうエドの執着に惹...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2020年07月06日

    今までに読んだBL小説の中で一番好き。
    自分の中でこの作品をこえるものはしばらくは出てこないのではないだろうか…
    とにかくオススメ!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    文化についてもよくわかる

    よめ 2020年06月07日

    とても扇情的な名作BLですが、舞台の文化や歴史、精神構造まで緻密に語られるため、物語の厚みがあり、読み応えあります。
    キーワードは「立場」。
    心のままには生きられない、立場のせいで相手の全てを知ることができないもどかしさから、何を見出して選んでいくのか。
    全ての登場人物の行方を案じる楽しみがたまりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    maxence 2020年05月04日

    大好きな作品で何度も読み返しています。礼の健気さ、エドの冷たさの奥にある執着愛にキュンキュンします。BLの枠を超えた人間愛を感じる素晴らしい小説だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    とても面白かったです。時代背景としてはいつ頃なんだろう。ひと昔前の人種差別が濃い目に残っている感じです。
    主人公のレイはある種の刷り込みに近い感情をエドに抱いてて、それが愛情にかわっているようなので、エドの理不尽な要求も受け入れてる。でもエドの理不尽な要求自体にも何か理由があるんだろうと思うので、続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ザ・健気受け!

    kareman 2019年11月14日

    健気受けが読みたいならコレ!という感じの作品です。
    買うなら続巻も全部買って読むのがオススメ。
    途中受けの礼の境遇が不憫すぎて、慕い続ける攻めのエドにもひどい仕打ちを受けて、胸が痛くなってしまいます。が、読み進めるうちに、エドはこの時こんな気持ちだったのかと分かったり、礼も徐々に強く美しく成長し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    好きー!

    ゆん 2020年03月06日

    何度読んでも胸がキューンとなります!頑張ってるけどなかなか報われないキャラクターばかり。でも最後にはちゃんと救われる。最新刊まで全てです!先生の掌で転がされております。読み応えあります!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    英国好きには◎

    りぃ 2017年09月29日

    現代ものですが、違和感なくパブリックスクール独特の伝統や貴族感で構成されています。
    全体としては、終始続きがどうなるのか勿体なくて読み進めるのにわざと時間をかけるほどでした。
    一点言うなれば少年時代とだんまり生活にもたつく気もしますが、それがあってこその展開かなと思います。18,19世紀英国とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

パブリックスクール のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • パブリックスクール ―檻の中の王―
    値引き
    名門貴族の子弟が集う、全寮制パブリックスクール――その頂点に君臨する、全校憧れの監督生(プリフェクト)で寮代表(ヘッドボーイ)のエドワード。母を亡くし、父方の実家に引き取られた礼(れい)が密かに恋する自慢の義兄だ。気ままで尊大だけれど、幼い頃は可愛がってくれたエドは、礼の入学と同時に冷たく豹変!! 「一切誰とも関わるな」と友人を作ることも許さずに!? 厳格な伝統と階級に縛られた、身...
  • パブリックスクール ―群れを出た小鳥―
    値引き
    ハーフタームの休暇中、無人の校内で昼夜を問わずエドに抱かれる礼(れい)。これは言い付けを破った罰だ――。わかっていても、エドを独占できる喜びと快楽に溺れる日々…。ところが、休暇が明けると、たおやかな美貌の編入生・ジョナスが復学!! エドの恋人らしいとの噂に、礼は不安と嫉妬に駆られ!? 閉鎖された檻の中――一瞬の煌めきが彩る少年時代に、生涯ただひとつの恋に堕ちる、奇跡の純愛!! ※口絵・イ...
  • パブリックスクール ―八年後の王と小鳥―【SS付き電子限定版】
    値引き
    【電子限定版】書き下ろし番外編「王と小鳥のバレンタイン」収録。●イギリス名門貴族の御曹司で、世界有数の海運会社CEO──多忙を極めるエドと、出版社で働く礼(れい)は、遠距離恋愛中の恋人同士。そんな中、礼が長期出張で渡英し、三ヶ月間エドと同居することに!!  けれど、昔の反動のように甘く優しいエドは、嫉妬も束縛も激しい。仕事で作家と会っても不機嫌を隠せずに…!? 恋人になって初めて迎える...
  • パブリックスクール ―ツバメと殉教者―
    値引き
    由緒ある伯爵家の長男で、名門全寮制パブリックスクールの監督生(プリフェクト)――。なのに、制服は着崩し、点呼や当番はサボってばかりのスタン。同学年の監督生・桂人(けいと)は、密かにスタンを敬遠していた。卒業まで、極力目立たず、無害な空気の存在でいたい――。ところがある日、桂人はスタンの情事を目撃!! 見られても悪びれない態度に、苛立つ桂人は優等生の仮面を剥がされてしまう。さらに、二人...
  • パブリックスクール ―ロンドンの蜜月―
    値引き
    二年間の遠距離恋愛が終わり、ついに恋人の待つイギリスへ――。名門貴族の御曹司で巨大海運会社CEOのエドと暮らし始めた礼(れい)。まずは自分の仕事を探そうと、美術系の面接を受けるものの、結果は全て不採用!! 日本での経験が全く役に立たない厳しい現実に向き合うことに…!? エドの名前には頼りたくない、けれど恋人の家名と影響力は大きすぎる――甘い蜜月と挫折が交錯する同居編!! ※口絵・イラスト...
  • パブリックスクール ―ツバメと監督生たち―
    最終学年が始まり、アルバートを寮代表(ヘッドボーイ)に新体制が発足!! 恋人スタンとともに監督生(プリフェクト)を務める桂人(けいと)は、寮の運営や大学受験の準備に多忙を極める毎日だ。そんな中、全11寮のトップが一堂に会する寮代表会議が開催!! そこで初顔合わせしたのは、ブルーネル寮の寮代表アーサー――スタンの過去と才能を知る、新進気鋭のヴァイオリニストだった!! 彼はスタンに、音楽の道へ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています