少年探偵 みんなの少年探偵団

少年探偵 みんなの少年探偵団

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

江戸川乱歩生誕120年記念オマージュ作品。 帝都を騒がせる怪人二十面相。 その秘密を知り、身を挺して真実を伝えようとした少年・芳雄と、彼に「力」を授ける謎の紳士。 退廃に沈むかつての名探偵が立ち上がり、芳雄と出会うとき、あの「少年探偵団」の冒険が再び甦る。 果たして二十面相に隠された真実とは何なのか――。 「東京バンドワゴン」シリーズで知られる小路幸也が紡ぎだす、少年探偵団の哀しくも美しい世界をご堪能あれ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
ポプラ社
ページ数
263ページ
電子版発売日
2016年12月23日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

少年探偵 みんなの少年探偵団 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月10日

    明智小五郎と小林少年はこんな関係なのか。で、怪人二十面相ともそんな関係?

    まあ、想像は自由だけど、そこまでするか!って感じで痛快です。
    これは昔、少年だった人達にはたまらないな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月21日

    表紙の少年が美しくて、好みすぎるっっ!w
    怪人二十面相やら、明智小五郎やら・・・めっちゃ読んでみたくなりました~!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月25日

    あの明智小五郎&少年探偵団へのオマージュ。
    小路先生らしさもたっぷりで大満足。
    二十面相の正体は、いろいろ推理したのとは
    違っていて、それもまた嬉しい。
    絶対、あの人だと思ったのだけどな。
    欲を言うなら、後半、お嬢様の活躍がなかったの
    だけがちょっと残念かな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月27日

    色々設定は変えてるけれど、明智センセの冴え渡る推理などなかなか面白かったです。いやしかし二十面相の正体には…正直納得が行かない。
    そして次郎さん、貴方は一体誰なんだ。(読んでいて、個人的にクイーンズイングリッシュが流暢なあの方が頭から離れなかった)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月15日

    意外な結末で驚いた( ̄□ ̄;)!!明智小五郎と新・小林少年コンビが復活して、これから活躍していく予感(^^)♪しかし次郎さんって何者だったんだろう?(-_-;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月06日

    面白かった。
    オマージュ作品として、かなり良い感じ。
    今回のシリーズの中では、万城目作品の次に気に入った。

    明智と芳雄君が、明智探偵と小林少年になる始まりの事件。
    そうかあ、二人には、そして二十面相には、こんな悲しい事情があったのかと納得してしまえる。
    文代さん、私のイメージではもっと強い人なんだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月12日

    江戸川乱歩そのものはほとんど読んだ記憶もなく好きでも嫌いでもないのですが、この作品は小路版怪人二十面相シリーズ前日譚という趣で、著者の解釈はちょっと衝撃的です。是非とも続きを読ませていただきたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月04日

    つまらないわけじゃないけど、消化不良感がすごい。なんか色々未解決なのは措くとしても、この前後編を予定しているとしか思えない内容。乱歩のコアなマニアなら納得なのかな。よくわからん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月08日

    昔数冊読んだ少年探偵団が面白いと記憶があり
    小路幸也だし読みやすいんじゃないかと思って
    読んだ。確かに読みやすいし、面白いんだけど
    最後がな・・いあ犯人が・・・なあ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月08日

    かつて小学生のころ「怪人二十面相」シリーズを一通り読んでいるが、ほぼ覚えてない状態でこの本を読んでみる。シリーズの前日譚と言える話だけど、それぞれの人間関係が思っていたのと全く違うので、こんな設定でシリーズを再度読むとどうなるのか?読み直したくなったが、読み直すかどうかは微妙。作品のトリックと、その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています