幸せ戦争

幸せ戦争

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

念願のマイホームを購入した氷見一家。そこは、元の地主の意向で隣り合う四軒の家が前庭を共有する、少し変わった敷地だった。元地主の仁木家は資産家で、夫は覆面作家だという噂。活動的な妻・美和が四軒のつきあいを主導している能生家。共働きで他三軒とは少し距離を置いている高井戸家。そんな三つの家族とともに、氷見家の幸せな暮らしが始まるが……。誰もが思い当たる「ご近所」の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2016年07月15日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

幸せ戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月15日

    「これは経費で~」が面白かったので同じ作者の作品も、と思い読んでみましたが、「これは~」とはまた違った面白さがありました。特に最初の章に登場する朝子の内面、なにかと人と比べなければ気が済まない、そして自分より劣っているとの比較により安心する、娘の友達に関しても同様で、とにかく何かと比べ自分が上位であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月18日

    前庭を共有する四軒の家族の話。
    それぞれに癖のある妻たち。
    朝子は女に嫌われる女の典型という感じ。自分の周りにいたら嫌いになるだろうけど、なんとなく憎めない。
    そして、娘の麻衣花の朝子に対する感じが絶妙に良い。

    多佳美は元地主の資産家の娘だけあって、プライドが高い。
    想子は、真面目で面白みがなさそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月17日

    こんな人たちホントにいるのかなと思いつつ、きっといるんだろうな、私は無意識にこういうめんどくさい人たちと関わらないように生きているんだなと思わせられた。子どもがめんどくさい母親の味方をするところにちょっとほっとする。自分が作中人物の誰に似ているかというときっと高井戸さんの奥さんだろうなあ。あそこまで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月02日

    中庭が共通という特殊な4軒。
    元地主だったり、その地主夫婦と同級生という主婦がいたり。
    出て行った後の家に入った一家・・・
    誰もがご近所付き合いということに敏感である。
    誰にでも思い当たる節があるような、そんな日常。
    人間関係って難しい・・・

    2020.11.1

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    『これは経費で落ちません』とは雰囲気がまったく違う。こちらはとてもリアルで、少しドロッとしたエピソードが印象的。
    表面上では和やかに付き合っているように見えて、心の中ではどのように思われているのか…
    最後のそれぞれの鬱憤をぶちまけてる中で起きた事件と、その後の展開がジェットコースターのようなスピード...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月12日

    前庭を共有する土地に住む家族の”お隣さん”物語。
    元の地主でもある資産家・仁木家。
    仁木家夫婦と友人である美和のいる・能生家。
    共働きだということを理由に深いつきあいを避ける高井戸家。
    そこに新たに加わった氷見家。
    以前住んでいた堤家が、家を売って出て行ったのはなぜか…?

    登場する家族それぞれが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月20日

    ナツイチにつられて買いました。
    初めて読む作家さんです。

    一癖も二癖もある人々。
    その中では朝子と陽平が一番嫌いかな。
    朝子みたいな女っているなあ、なんて思いながら読んでました。一番嫌いなタイプ。

    うちのご近所さんはみんな同時期に越してきた人々で、これがすばらしいくらいにみんないい人ばかりなので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    毒気に疲れました…

    もふ 2020年08月17日

    「みんな色々抱えて必死で幸せになろうとしている」みたいなことを言いたいのかもしれませんが、出てくる大人たちが毒気ばかりで疲れました…文章にテンポがあったのと、最後に何か巻き返しがあるのかと期待したから最後までとりあえず読んでみましたが、結局救いを感じないまま、良く分からないけどダメ男がメラメラ燃えた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月08日

    ご近所さんの話。よくあるテーマではあるけど引き込まれて面白かった。登場する何人かの目線で語られていてご近所の関係や家族内のことなど少しずつ明らかになっていく。
    タイトルの意味が読後に爽快なくらいに納得できた。
    幸せは人により全然違うのにご近所付き合いしていく中でどうしても張り合って見栄を張ってしまう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年05月15日

    *念願のマイホームを購入した氷見一家。そこは、元の地主の意向で隣り合う四軒の家が前庭を共有する、少し変わった敷地だった。元地主の仁木家は資産家で、夫は覆面作家だという噂。活動的な妻・美和が四軒のつきあいを主導している能生家。共働きで他三軒とは少し距離を置いている高井戸家。そんな三つの家族とともに、氷...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています