ひとりぐらしも何年め?

ひとりぐらしも何年め?

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

たかぎなおこのひとりぐらし歴も長くなってまいりました。若くなくなってきたなぁと思う一方で、新しいことにチャレンジしたい気持ちもあったり…。そんな最近の日常生活をつづりました。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
コミックエッセイ
電子版発売日
2016年07月01日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

新刊オート購入

    Posted by ブクログ 2019年06月05日

    「ココちゃんが持ってるおさかなのマットはひとりたびシリーズのお船に乗った時に買ったやつでは?」「よく見る黄色と青のバッグの写真が出てる!(読んでない他の本で出てたかもしれないけど)」とうれしい気づきもありよかったです。
    デジタルアナログごちゃまぜで自分はどっちの絵柄も大好きですが、コピックで描いたほ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月05日

    ひとり暮しシリーズもこれが最後か・・・
    「猫を預かる」話しと「シェアオフィス」の話しが特に良かった
    猫・・・預かりたい!
    うちも「ペット可」な物件 探そうかな~??
    でも物が増えすぎてうちも大体的な断捨離を行わねば引越しなど出来ない状況だわ
    たかぎなおこさんもご結婚されたので、今後は「二人暮らしな日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月16日

    たかぎなおこさんのひとりぐらしシリーズ全部読んでいて今回もとっても共感しながら楽しく読んでいたのですが、最後の最後にひとりぐらし卒業?ってところがあってびっくり!このままゆるゆるなひとりぐらしが続いていくのかなぁと思っていたのですが調べてみたら最近ご結婚なさったんですね(*^^*)この先ふたりぐらし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月14日

    たかぎさんのひとりぐらしも
    もう何年め?と、つい問いかけてしまう程長く、
    その生活にどっぷり馴染んでしまった感はあるが、
    いい意味での<変わらなさ>が好きだなぁ。

    毎日見る同じ顔が夕方帰ってきて
    今日起こった出来事の中で、特に面白かった、びっくりした、感動した、経験した、ちょっとした報告を
    (ふむ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月23日

    5年め、9年めも持っていて、たかぎさんのほのぼのしているけれど、結構細かく描かれている絵が好きで今回も買いました。9年めまでは2色だったのが、今回はオールカラーで本のサイズも大きくなっていて、でも絵の雰囲気は変わっていなくて、とても楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月22日

    読んだつもりが、なぜか見落としてた1冊。
    猫を預かった話2つが特に良かった。
    東京の一人暮らしを十分満喫できたタイミングで結婚につながったのがわかり、身内のような気持ちで嬉しく思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月29日

    同世代と言うこともあって、うんうん頷けるポイントが多く、さらっと読めてちょうど良い息抜きをさせてもらえました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月17日

    私は 独り暮らしを した事が ありません(^^;; 独身の 頃は 1度は やってみたいなぁ~って 思ったことがあったけど、やはり 実家暮らしは 楽で よかったなぁ~♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月23日

    たかぎさんのコミックエッセイ久しぶりに読んだー

    最後のあとがき読んでほっこり
    二人暮らしも読んでみたい!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月12日

    愛読しているシリーズ。ついに「ひとりぐらし」も終わるのかな。そこらへんのことを書いてるあたりが照れくさそう。いろいろうまく行くといいね、となんだかつい応援したくなる可愛げがあるんだよなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています