ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新人刑事・比奈子が里帰り中の長野で幼児のバラバラ遺体が発見される。都内でも同様の事件が起き、関連を調べる猟奇犯罪捜査班。一方、以前比奈子が逮捕した連続殺人鬼・佐藤都夜のもとに、ある手紙が届いていた。【電子版特別付録】次巻『ONE(ワン)』プロローグ原稿

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2016年06月18日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    「猟奇犯罪捜査班」藤堂比奈子シリーズ

    以前、比奈子が逮捕した連続殺人犯・佐藤都夜。
    彼女を崇拝する信者。
    そして、長野と都内で起こった幼児の遺体損壊事件。
    事件を追求するうちにある人物にたどり着くのだが…

    ありゃま~
    なってこったい!
    完結ではなくて次回に続く~って!

    永久くんの無垢さと不気味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    気持ち悪さ最上級

    此糸 2019年04月08日

    なんとも・・・

    そちら側の物体の言葉の表現のなんと上手ぃ事でしょう。


    読みながらにゾワゾワ感ゃ気持ち悪さがダイレクトに伝ゎり風景 腐の状態のイメージがついてその場の臭ぃ迄再現出来ます ストーリー的にも馴染みやすぃストーリーなので私的には読みやすかったです🤗✨

    キャストのキャパが面白ぃので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月14日

    zeroまさにこれは始まりの物語なのだと読んでいてわかるはなしでした。今までよりは怖い描写は少なめだけど、不気味さは増している気がします。読みやすいので、早く続きが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月03日

    シリーズ第5弾。
    前作「LEAK」のエピローグに出てきた手紙。
    やはり今回のプロローグから登場。
    比奈子を心底恨んでいる彼女が行動を起こします。
    一方では、長野と東京で起こる猟奇事件。
    警視庁にも帳場が立ち、猟奇犯罪捜査班の面々も
    今回は、1つの班として活動します。
    保のプロファイリングと変態法医昆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月19日

    比奈子が里帰りした長野で、幼児の部分遺体が発見された。
    しかし、都内に帰って来ても同様の事件が発生し、関連が疑われる。
    一方、以前比奈子が逮捕した犯罪者 佐藤都夜の元にはある人物からの手紙が届いていた。
    都夜は比奈子にかなりの恨みを抱いている。
    このシリーズでは初の次作へ事件が持ち越される。

    20...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月02日

    なんてこったい…。
    結末は次作に持ち越しだなんて。

    ああ、早く次の「One」を読まなくちゃ。

    今回の作品は、児童虐待、動物殺し…、内藤ワールドにどっぷりつかれる。

    刑事になって初めて、比奈子は長野に里帰りをするのだが、地元の神社で幼児の遺体の一部が見つかる。

    さらに、東京でも同じような事件が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月27日

    物語の重要な人物として「CUT」の犯人が登場しているので、まだ読んでいなければ「CUT」を先に読むことをすすめたい。
    また「ZERO」と次巻の「ONE」は続きものなので、セットで読まなければ結末までわからない。
    一冊にまとめてしまってもよかったのでは?とも思うような内容だった。
    これまでのパターンを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月02日

    ONEの方を先に読んでしまうという愚行(録)を犯したため、結末分かって読むことの愚かさをかみしめながら読み進めました。散々な事件ばかりで、グロさの限りを尽くしてる感じ。相変わらず虫の描写もすごいし。ここまでやって、この先があるのだろうか、と思えるほどです。それほどすごいのに、地の文の東海林は相変わら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月25日

    シリーズ第5弾。

    なんと、冒頭からあのバッファロー・ビルをモデルにしたと思われる『CUT』の犯人・佐藤都夜が登場。『CUT』は『羊たちの沈黙』を余りに模倣し過ぎていて、シリーズの中でもイマイチの作品だったので、著者のリベンジだろうか。しかも、今回は読み切りではなく、来月刊行の『ONE』へ続くという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月21日

    都内と長野で起きた幼児のバラバラ遺体遺棄事件に挑む捜査班。
    これはひたすら続きが気になるばかり。
    雲切目薬も気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています