埋蔵金発掘課長

埋蔵金発掘課長

作者名 :
通常価格 803円 (730円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

それは愚策か、それとも起死回生の一手か?

 早期退職し、故郷に帰ってきた元広告マン。午前中は、道の駅で働き、午後はのんびり海辺で過ごす生活を送っていた。ある日、市長の秘書をつとめる同級生が、市長直々のお願いがあるとやってくる。お願いとは、財政破綻目前の市のために、埋蔵金を発掘してほしい、というとんでもない依頼だった。日給に釣られ、半信半疑で着手することにした俺は、郷土史家を訪ね、小学校の裏山が怪しいという情報を得る。市の職員と二人で発掘をはじめたが、なにせ広大な土地だ。市に懇願して、人員を増やし、巫女の力を借り、なんと古銭の発掘に成功する。勢いに乗った発掘課は、やがて日照市の海軍工廠に眠るお宝の情報にたどりつく。彼らが発掘したお宝とは?
 荒唐無稽、なのに感動の室積ワールドは今回も健在! 笑って泣ける最強エンタテインメント、いきなり文庫で登場!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
ページ数
464ページ
電子版発売日
2016年06月24日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

埋蔵金発掘課長 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月06日

    フィクションなんだよね。凄い面白かった。
    室積さんは山口県出身の作家さんで、今回の舞台が室積さんの地元。
    私も知ってる場所があちこち出ていてわかりやすい。
    埋蔵金を探し求めるうちに、戦争の頃の歴史も紐解かれ、ハラハラドキドキしながらも、感慨深い気持ちになったり。
    最後にオチもあり、映画になったら凄く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    東京の会社を早期退職して故郷の山口県に戻った主人公。実家に一人で住み幼なじみたちとのんびりと暮らしていたある日、市役所勤めの幼なじみから、地域活性のために埋蔵金を発掘してくれと頼まれる。市の財政が悪化して一山当てたいという市長の意向ということで、市役所の若手職員と地元の野球クラブの青年と発掘を始める...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月29日

    財政難対策として、市長の突拍子もない埋蔵金発掘の指示により、展開する作品です。ただ、それだけでなく、戦争の深い問題や、ちょっとしたオチもあり、とても楽しく読めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月13日

    『史上最強の~』シリーズの室積さんの近作です。

    室積さんの作品と言えば、
    突飛な設定からのユーモア小説といぅ印象ですが、
    その実は、皮肉の効いた社会派の小説でもあって、

    本作品も、地方都市の財政問題に端を発しながら、
    最後は、埋蔵文化財と地域おこしにまとめていく、
    ありがちながらも、うまい構成、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月12日

    地方都市が財政難から埋蔵金発掘に夢見るお話
    最初はいつもの感じの妄想設定を膨らませた話かと思ってたら、中盤あたりから化ける

    埋蔵金なんてそもそも郷土史に詳しくないと無理だよね~ とか思って読んでたら
    将に郷土の名士の話になってた

    一番心に残ったのが、最後の方で藤山新作がインタビューで語ったところ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月25日

    面白かった~。
    突拍子もない設定で、一体どこに落ち着くのかと思っていたら、ものすごい高尚なテーマにたどり着いた。人間にとっての永遠のテーマかもしれないけど。
    もう一回読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    ストーリーの途中からリアルになった気がします。
    もっとハチャメチャだと思ってました。
    中途半端に自分は感じましたね。
    最後までハチャメチャでいて欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月02日



    広告会社を早期退職し、帰郷した主人公の元に、市長の秘書をつとめる同級生がやってきた。市長からの密命で、市の財政破綻を救うために、埋蔵金を発掘してほしいという。
    エンタテインメントものではあるが、そこは室積氏らしい作品に仕上がっている。

    戦時中の10代の子の写真を見ると、幼くして既に達観したよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月11日

    エンタメの形でわかりやすく、
    伝え続けたいことをいつも通り織り込む室積節。
    佐久のエピソードは現実に基づいてるんだね。
    不覚にも長野出身ながら知らなかったことを
    恥じた。
    霊媒女子が都合よすぎるけど、
    するする読めてでも残るものもあった。
    主役役所広司っぽい!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月28日

    財政難に悩むふるさとのため、主人公の筒井は市役所に努める同級生からの依頼により、「埋蔵金発掘課」の課長として仕事を始めることになります。
    設定のハチャメチャ具合いはこれまでの作品同様、作者の「よさ」が出ているように思います。
    ストーリー展開もスムーズで読みやすかったです。

    特に、「カネ」を発掘する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています