17歳のまひるは、親友4人で騒ぐ放課後や落語家を目指す彼氏・亮司とのデートが何よりも楽しい高校生活を送っていた。将来の夢はぼんやりしていて、大人になるのはもっと先だと思っていたが、亮司に起こった事故をきっかけにまひるの周囲は一変する。大好きな人のため、憧れに近づくため、道を切り拓いていく若者たちの成長を爽やかに綴った物語。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2016年06月10日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2016年09月07日

高校時代を親友たちと過ごす物語。
椰月さんの作品はまだ2冊目だけど、この人はすごく人間の心の中を描くのが上手なんだろうと思う。ちょっとした気分の浮き沈みもすっと心に入ってくるような気がする。感動などと簡単に表せない不思議な気持ちになる。でもみんな夢に向かって、未来に向かって進んでいる。
出会いと別れ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2016年07月06日

「しずかな日々」に続き椰月美智子さんの作品は2作目です。果たして50過ぎのおじさんが読んでも良いのだろうかと思いましたが、一気読みでした。ボロボロ涙が出てしまうのは、歳で涙腺が緩んでしまったせいでしょうか。亮司君の落語のシーンで涙、二人が結ばれるシーンで涙、事故のあとケンカして仲直りするシーンでまた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2017年09月11日

17歳の高校二年生まひるは、個性的な親友四人や落語家を目指す彼氏・亮司と過ごす高校生活を楽しんでいた。しかし、亮司に起こった事故をきっかけに周囲が一変する。恋や友情などすべてが詰まったあの頃を綴る青春小説。
優越感と自己嫌悪が交互にやってくるような日々が青春時代である。結局は、自分で己の道を切り開く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2017年08月30日

今まで読んできた青春小説の中で3本の指に入るだろう。それほど面白かったし愛おしい作品でした。
あらすじ(背表紙より)
17歳のまひるは、親友4人で騒ぐ放課後や落語家を目指す彼氏・亮司とのデートが何よりも楽しい高校生活を送っていた。将来の夢はぼんやりしていて、大人になるのはもっと先だと思っていたが、亮...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2016年07月14日

「しずかな日々」がよかったので、このたび文庫化ということで椰月美智子さん2作目♪

主人公のまひると仲良し3人の女の子。落語家を目指すまひるの彼、亮司とその友達。そして、まひるの家族などなど。

みんな真っ直ぐで、それが交差したり、ぶつかったり。
迷ったり、葛藤したり、成長したり。

亮司、死んじゃ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2017年01月18日

主人公のまひるも、まひるの友達、彼氏、家族、出てくる人が皆いい人。悲しいことも起きるけど、みんな優しい子で頑張り屋さんなので読んでいて嫌な気持ちにならない。誰もが友達の見ていないところで人を蔑むことを書いたりしているわけではないんですよね。そんな話が最近は多かった気がするので、まひるのTwitter...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2016年12月16日

高校2年生のまひるという少女とその恋人や友人との交流を描いた青春小説です。今どきの女子高生らしい省略語全開の会話は、読んでいて本当の女子高生の話を聞いているような感じがしてとてもリアルです。読み心地もさわやかで、未来に希望があふれている若者の息吹を感じることができる作品になってます。

このレビューは参考になりましたか?

その青の、その先の、

Posted by ブクログ 2016年06月16日

17歳のまひるが主人公。落語家を目指す彼氏の亮司とクロノ、むっちゃん、夏海という親友たち。恋に友情に、あの頃のすべてが詰まった青春小説。
とは言ってみたが自分の高校生活には特筆すべきものはあまりなかったように思う。だからなのか、たまにこういったものを読みたくなる。

本作の登場人物たちはみんないい子...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?