『名将言行録』乱世の人生訓

『名将言行録』乱世の人生訓

作者名 :
通常価格 720円 (655円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本書は、幕末の館林藩家老・岡谷繁実が16年の歳月をかけて、日本近世の“個性的な武将”192人のエピソードを選りすぐった『名将言行録』の抄訳。欧米列強の脅威が迫るなか、日本が国家を保つためには、いったいどうすればいいのか? ――岡谷は、応仁の乱後から徳川3代将軍家光の世に至る日本国内の〈人材〉の在り方に注目した。人材こそが国家を盛んにし、また衰えさせもしたのである。「『最後は斬る』のが武士の本質だ!(内藤昌豊)」「『徳川攻め』を最優先の事業にさせるな!(徳川家康)」「『弱敵』を恐れぬ将は、勝ちを貯蓄できない(黒田孝高)」「『平常通り』こそ武家政権の危機管理だ(阿部忠秋)」「『害を避けること』の害を知れ(本多正信)」「『覚悟』があれば、身体は勝手に反応する(堀直政)」など、名将たちの強烈な生き様から、現代人の不安を打ち砕く生き方の極意を浮かび上がらせる。『[新訳]名将言行録』を大幅増補し、改題。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

『名将言行録』乱世の人生訓 のユーザーレビュー

    ネタバレ購入済み

    乱世に生きた男達

    mac 2020年09月19日

    一部ご紹介します。
    ・板倉重宗「物事を事前によく工夫して準備することが、武士らしくないとか兎兵法などと言う者もいるが、
    現実には兎兵法でなければ絶対に役には立たないし、その方が不覚悟というものだ」
    ・伊丹泰勝「鼠を素手で生け捕りにするように、圧力を加減せよ。
    即ち、鼠をあまり強く掴めば、鼠は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています