21世紀の戦争論 昭和史から考える

21世紀の戦争論 昭和史から考える

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 913円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

いまこそ歴史を武器に変えるとき!

「歴史が人間によってつくられる限り、われわれはまた、同じような判断ミスを犯すだろうし、似たような組織をつくる」(半藤一利)
「戦後70年が経って、戦争が遠くなったのではなく、新たな戦争が近づいていると感じています」(佐藤優)

昭和史研究とインテリジェンスの第一人者が、731部隊、ノモンハン事件、終戦工作、昭和陸海軍と日本の官僚機構・・・昭和史の中に組み込まれている悪の構造を顕在化させることに挑んだ。

目次
第一章  よみがえる七三一部隊の亡霊
第二章  「ノモンハン」の歴史的意味を問い直せ
第三章  戦争の終わり方は難しい
第四章  八月十五日は終戦ではない
第五章  昭和陸海軍と日本の官僚組織
第六章  第三次世界大戦はどこで始まるか
第七章  昭和史を武器に変える十四冊

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(ノンフィクション)
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年05月27日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

21世紀の戦争論 昭和史から考える のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    風船爆弾でペスト菌をアメリカにばら撒くと言う計画があったのは初めて知った。731部隊の存在は重い。日本の軍人は官僚化していた、それに対して米国のミニッツ提督はビジネスマンの如く機敏に動いたと言う指摘も印象的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月14日

    昭和史に精通する2人の知識人が太平洋戦争について対談。主として半藤一利が日本軍を総括し、佐藤優が日本外交について語り、敗戦が今の日本にどう影響をもたらしたのかを論議する。

    さすがに2人のトークは当時の国家同士の陰謀、策略を簡潔にまとめてくれて、読み応えがある。2人が互いの知識を認め合い、楽しそうに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    昭和史の大家:半藤一利と、インテリジェンスモンスター;佐藤優が、731部隊、ノモンハン、8月15日/9月2日の終戦、陸海軍の組織など、昭和史の重要ポイントをピックアップして語った対談本。基本的な流れは、半藤氏が長年の取材・執筆経験から得た昭和史の知見を述べ、それを受けた佐藤氏が、現代の世界情勢と歴史...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    「戦争論」、「半藤一利」、「佐藤優」ってきたら、読まざるをえない。
    そして期待を裏切らない。
    本当に、本当に、面白かった…!
    2人とも実体験に裏打ちされてるから、リアルさが重い…。
    私たちは話されたもの、書かれたものを読むでしょ。
    でもこのお二人は直接会話をするわけで、その時の表情、しぐさとかを全力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月26日

    ★★★2019年3月レビュー★★★


    ロシア・ソ連の歴史に造詣の深い佐藤氏と、昭和史の第一人者半藤氏の対談。昭和史、主にノモンハン事件~太平洋戦争について語り合う。


    佐藤氏がソ連に詳しいので、日ソ関係日ロ関係の話題が豊富。特に感銘を受けたのは、ロシア人と日本人の国境線に対する概念の違い。日本人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月30日

    昭和史の大家と現代インテリジェンスの怪人の対談。
    印象的な言葉がおおい。
    巻末の「昭和史を武器に変える十四冊」が参考になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月24日

    太平洋戦争の研究の第一人者の半藤一利と佐藤優の対談本。

    ノモンハン事変から第二次世界大戦に至るまでの過程が非常によく理解できた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月04日

    『日本のいちばん長い日』を書いた昭和史の第一人者の半藤利一とロシアで外交官をしていた佐藤優が昭和史について対談するという本。

    七三一部隊、 ノモンハン事件、終戦工作などについて語られている。第二次世界大戦におけるノモンハン事件の位置付けが新鮮。半藤さんの『ノモンハンの夏』やアントニー・ビーヴァーの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月16日

    あとがきにも本人が書いてらっしゃったけど、半藤さんが楽しそうに喋ってんなぁー、というのが印象的でした。戦時史に関する相当な知識や経験を持っているという自負があろう私が、まだ新たな気づきや学びが得られたという知的満足感からなのかなと思ってます。議論は同じレベルか、それ以上の人とやらないと自分を高められ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月15日

    昭和史の大家である半藤氏と、国際通の佐藤氏の対談による近代昭和史についての本。タイトルは「戦争論」となっていますが、どちらかというと太平洋戦争の開戦から終戦までの近代史において、当時のソ連がいかに関わって来たのかという部分がクローズアップされてします。そこはさすがロシア通の佐藤氏ならではの分析と情報...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春新書 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング