内気な中学二年生・千鶴は、母親の言いつけで四谷のカルチャーセンターの講座を受けることになる。退屈な日常が変わることを期待して料理教室に向かうと、明るく子供っぽい桃、ちゃっかりして現金な真紀、堅物な優等生の公子と出会う。四人は偶然にも同じ班となり、性格の違いからぎくしゃくしつつも、調理を進めていく。ところが、教室内で盗難事件が発生。顛末に納得がいかなかった四人は、真相を推理することに。性格も学校もばらばらな四人が、カルチャーセンターで遭遇する様々な事件の謎に挑む! 気鋭の著者が贈る、校外活動青春ミステリ。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
270ページ
電子版発売日
2016年05月21日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

日曜は憧れの国

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月30日

たまたま、カルチャースクールのお料理教室で出会った学校も違うjc4人によるご近所系ミステリ

カルチャーセンターのお試し的バイキングクーポンが5枚なので、本作も短編5編
どんなバイキングがたのしめるか。。。。
(正確には4人一緒に利用は4枚です)

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2017年12月05日

それぞれ違う学校に通う中学2年の少女たちが、カルチャースクールで出会い、謎を解決していくミステリー。

学校とは違うところで出会った同い年の友人。ここでなら、新しく見えてくることがある。

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2016年08月17日

カルチャースクールが舞台というのも面白いけど、各講座を通じて主人公たちの悩みや葛藤に、自然と方向性を提示しているところもまた面白い。
将棋編はやや強引な感じがしましたが、他は謎もよくできています。

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2016年07月09日

作者の得意とする裁判や派手な設定を使わず日常の謎を描く五つの連作短編集。『レフトオーバーズ』はカルチャーセンターの料理教室で起きた盗難事件に関する謎のお話。連載時には謎の解決について座りの悪さを感じたが、加筆によってスッキリした読後感になっていた。『レフトオーバーズ』は千鶴、『一歩千金二歩厳禁』は桃...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2016年05月26日

本当に腹の立つ作者である(笑)
あとがきに、ある有名な研究会に入りたいから、その大学にしたと。全く持って不愉快だ(笑)
さて、
内容はと言うと、いわゆる日常系ミステリ。一遍を除いて推理結果が正しかったようだ。後の一遍は、確認出来てないから正否は不明。
4名のメインキャラに似た人、身近にいるなぁと思い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月29日

違う学校に通うキャラの違う4人の中学2年生の女子が、四ツ谷の文化センターの料理講座で出会う。
それぞれ、この文化センターのトライアル5枚綴り系をもっていたのだった。
なんとなく意気投合して、残り4枚のチケットを一緒受講しようということになり、その講座で事件に遭遇する。

学校外の活動、舞台が都会の文...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2018年07月11日

 日常の謎系の作品も書くのか。
 中学校1年生の女子たちを主役とした短編連作。
 たどたどしい人間関係と、すこしずつ欠けたところ、優れたところを楽しく魅せてくれる文章はすごい。カルチャーセンターに通いたくなる。

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2017年10月01日

引っ込み思案で事なかれ主義の日和見の千鶴。
計画性はないけど気遣い屋でムードメーカーの桃。
要領がよく、損得勘定で学校生活を円満に過ごす真紀。
進学校でも優秀で、冷静な知性派の公子。
カルチャーセンターの料理教室で一緒のグループになった四人は、それぞれの悩みを抱えつつ、講座を一緒に受けて行くことに。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2017年08月27日

てぃーぬオススメ本
かわいい女子中学生たちのお話。
ちょっと苦手かな?と思っていたものの、
意外に楽しく読めました。
中学生にしてはみんな大人びている気もするけど、
学校とは違う気安さなど感じたり。
自分はどのタイプだっただろうとか思いながら読んじゃうかもです。

このレビューは参考になりましたか?

日曜は憧れの国

Posted by ブクログ 2017年03月29日

ほんわかしてて良かった。印象的には薄いかな。
あらすじ(背表紙より)
内気な中学二年生・千鶴は、母親の言いつけで四谷のカルチャーセンターの講座を受けることに。彼女はその料理教室で、同い年だが性格も学校も違う桃・真紀・公子と出会う。ところが、教室内で盗難が発生。顛末に納得がいかなかった四人は、真相を推...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?