オービタル・クラウド 上

オービタル・クラウド 上

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【日本SF大賞受賞】2020年、流れ星の発生を予測するWebサイト〈メテオ・ニュース〉を運営する木村和海は、イランが打ち上げたロケットブースターの2段目〈サフィール3〉が、大気圏内に落下することなく、逆に高度を上げていることに気づく。シェアオフィス仲間である天才的ITエンジニア沼田明利の協力を得て、〈サフィール3〉のデータを解析する和海は、世界を揺るがすスペーステロ計画に巻き込まれて――

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
336ページ
電子版発売日
2016年05月11日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

オービタル・クラウド 上 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月04日

    おもしろい!
    日本SF大賞受賞の傑作長篇、と裏表紙には書いてあって期待を持たせられたのですが、上巻を読み終わって思ったのは、SFのジャンルを飛び越えて面白い!ということ。
    ※念のため、SFは大好きだし、低く見ているということも無いです。歴史小説だろうがビジネス書だろうが、なんかもう普遍的に面白いな!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月21日

    みんな、これは面白いよ〜!
    いま、地球でくすぶってる色んな問題を散りばめて、様々なバックボーンの専門家であるメンバー達の有機的なチームが敵に立ち向かう!
    巻末の用語解説を見るだけで、この本の多様性とリアル感が伝わると思う。(僕はそこ読んでニヤけてしまった。)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月09日

    テザーがここまで活躍するものとは思っていなかった。実際のものはどうなんだろう…それ以外にもなんだか身近すぎるキーワードが出て来て、私にとってはリアルタイムな内容だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月31日

    最初登場人物とか専門用語が多くてパニクりそうだったけど、次第に慣れてくる

    物凄く読み応えのある近現代sf小説だった!

    出てくる用語は巻末に説明があるけど、それを読まなくても大丈夫
    スペーステザーのやつ、なかなか面白かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月21日

    おもしろい!ストーリーの構造上、話が集約するまでは少し全体像をつかみにくくて苦労するけど、つかんでしまえば後は一気に読める。
    近未来の話ではあるけど、完全に現在と地続き。宇宙物だけど難しくない。上質のエンターテインメントに仕上がってます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    "近未来の宇宙で起きる国家規模の陰謀を描くSF小説。
    だんだんと物語に引き込まれていく。
    下巻が楽しみだ。
    ローレンツ力という言葉を覚えた。フレミングの左手の法則で向きを確認できるもの。
    説明できるほど理解をしていない。量子力学とともに理解を深めたいと思った。"

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月16日

    SF。サスペンス。
    良いスピード感。
    序盤こそ内容が分からず、なかなか進まなかったが、気付けば止まらなくなってました。
    このまま下巻へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月27日

    面白いだろうと思ってはいたけど予想以上に面白かった!
    イランが打ち上げたロケットブースターの2段目〈サフィール3〉が、大気圏に落下することなく逆に高度を上げている…これに気付いた面々がやがてつながっていく過程が実にエキサイティング。
    やっぱり宇宙というキーワードには、世界規模での「協力」とか「力を合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月27日

    『日本SF大賞』『星雲賞日本長編部門』『ベストSF2014国内篇第一位』などを受賞。

    なるほど。いろんな賞を受賞するだけのことはあると思います。日本人が書くSFは、荒唐無稽な設定であることはままありますが、これはそうでもありません。現在理解されている科学に基づいて書かれていると思われ、中々の説得力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

オービタル・クラウド のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • オービタル・クラウド 上
    【日本SF大賞受賞】2020年、流れ星の発生を予測するWebサイト〈メテオ・ニュース〉を運営する木村和海は、イランが打ち上げたロケットブースターの2段目〈サフィール3〉が、大気圏内に落下することなく、逆に高度を上げていることに気づく。シェアオフィス仲間である天才的ITエンジニア沼田明利の協力を得て、〈サフィール3〉のデータを解析する和海は、世界を揺るがすスペーステロ計画に巻き込まれ...
  • オービタル・クラウド 下
    〈サフィール3〉の異常な機動から、国際宇宙ステーションを狙う軌道兵器であるという噂が広まりつつあった。北米航空宇宙防衛司令部のダレル・フリーマン軍曹は事態の調査を開始、いっぽう著名な起業家ロニー・スマークは、民間宇宙ツアーPRのため娘とともに軌道ホテルに滞在しようとしていた。調査を続ける木村和海は、すべての原因が新型の宇宙機“スペース・テザー”にあるという情報をイランの科学者...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています