27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称単独登山女子。美味しい食材をリュックにつめて今日も一人山を登るのでした。欲張りウィンナー麺、雲上の楽園コーヒー、魅惑のブルスケッタ、炊きたてご飯のオイルサーディン丼等々。読むとお腹がすく&山に登りたくなる! WEBマンガサイト「くらげバンチ」で最速で100万アクセスを突破したアウトドア漫画の決定版誕生!

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
@バンチ
電子版発売日
2016年04月09日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 山と食欲と私 1巻
    通常版 1巻 507円(税込)
    27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称単独登山女子。美味しい食材をリュックにつめて今日も一人山を登るのでした。欲張りウィンナー麺、雲上の楽園コーヒー、魅惑のブルスケッ...
  • 山と食欲と私 2巻
    通常版 2巻 507円(税込)
    27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称単独登山女子。知らないおじいさんと山で迷子になったり、会社の先輩と鎌倉ハイキングをすることになったり、八ケ岳を縦走したりと山ラ...
  • 山と食欲と私 3巻
    通常版 3巻 507円(税込)
    第3巻の日々野鮎美は、山岳小説の影響で自分だけの行動食作りに励んだり、酷暑の低山で「焼きおにぎり」に挑戦したり、会社のレクで高尾山に登ったり、山村でのレストラン開業を夢見る親の元を訪ねたり、...
  • 山と食欲と私 4巻
    通常版 4巻 507円(税込)
    足を痛めた日々野鮎美が次にとった行動は? そしてカモンジとは? 涸沢カール編は完結へ! ほか、下山翌日オフィスで「山ロス飯」を作ったり、車泊で日本中を旅する「変態アウトドア女子」と秘湯に行っ...
  • 山と食欲と私 5巻
    通常版 5巻 507円(税込)
    晩秋の谷川岳、凍ってツルツルの登山道を鮎美が大事に運んだ「殿さま」とは? 富山名物「ぶり大根」から着想を得たとっておきの山ごはんレシピとは? 交際期間1ヵ月、スピード婚の瀧さんの夫が背負って...
  • 山と食欲と私 6巻
    通常版 6巻 507円(税込)
    とあるキャンプ場にやってきた単独登山男子・鷹桑秀平。鮎美も驚くその奇妙な寝方とは? 大混雑の雲取山。ザックが軽いと調子が良かった鮎美がその後、驚いたこととは?  奥多摩の焼き鳥屋を1人で切り盛...
  • 山と食欲と私 7巻
    通常版 7巻 507円(税込)
    初の関西へ! 大阪出張からの金剛山、ここでしか食べられないご当地ごはんとは? 奈良・吉野の山奥に移住した山友達の黒蓮と再会! DIY小屋作りを任せられて・・・? 小松原&瀧夫婦と一緒に日光白根山...
  • 山と食欲と私 8巻
    通常版 8巻 507円(税込)
    長野に引っ越した元同僚の瀧さんに誘われて、鮎美は厳冬期の八ヶ岳へ。瀧さんの旦那さんも合流し、3人は気温マイナス10度の中登り始めるが……!? 他、ある使命を背負った鮎美が北海道・札幌の里山を祖父...
  • 山と食欲と私 9巻
    続巻入荷
    通常版 9巻 507円(税込)
    鮎美が山に目覚めたのは、大学生の時の富士山登山だった。27歳となりもう一度富士山を登る鮎美。過去と向き合いつつ頂上を目指すのだが? ほか、偶然再会した単独登山女子・香山栄螺と南アルプスを縦走し...

書店員のおすすめ

山で食べるごはんって、格別だよね。
ごはんを美味しそうに食べる女子も最高だよね。

っということで、週末登山を楽しむ主人公、OL日々野鮎美(27歳)の、登山ライフと山中食事タイムを中心に描かれる、タイトルに偽りなしの、山×飯×女子の三拍子マンガ。

飯がテーマの作品ではありますが、出てくるメニューはおにぎり・ソーセージ・うどん・ラーメンなどなど…庶民的なメニューが基本。
特別なのは「山で食べる」というシチュエーション。

ピクニック・アウトドア・キャンプなど、外で食べるごはんは格別ですが、それが苦労して登った山頂からの絶景を見ながらだとしたら…そんなのテロ級に美味しそうすぎるに決まってるじゃないか!日比野さんの食べっぷりも、良いんだよなぁ。

お気軽低山レクリエーションから、泊りがけの3,000m峰踏破まで、季節や天気の変化、ハプニングも織り交ぜ、時に登山の醍醐味やウンチクも描かれる、山と食事の魅力がたっぷり詰まった作品です。オススメ!

山と食欲と私 8巻

Posted by ブクログ 2018年11月24日

どうやら、この『山と食欲と私』は70万部に到達したようだ
一ファンとしての印象だが、もうちょい、読まれている、と思っていた
ペースとして、良いのか、普通なのか、遅いのか、その辺りは分からんが、信濃川先生には、こんな数字には惑わされず、自分が描きたいものを、描きたいように描いてくれればいい、そう思う
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 7巻

Posted by ブクログ 2018年06月12日

勘違いかも知れないけど、この『山と食欲と私』を読むと、元気になる、疲れが吹っ飛ぶ、体力が回復してくるような感じがする
山は神域でもあり、そこに挑んでいる人々の姿がリアルに描かれているから?
信濃川先生の絵は、決して上手い方じゃない
けど、何とも言えない良さがあり、それが山って言う、普通なようで特別な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 7巻

Posted by ブクログ 2018年04月15日

今回も面白かった。これ読むとほんと山に登りたくなる。歩荷さんってすごいなぁ。お話も面白かった。あとはピーナッツ味噌が美味そうだったなぁ。キャンプもしたくなる。おしるこwithウインナー&チーズも食べてみたい。
そろそろ高齢の山友達にこのシリーズ紹介してみるか。

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 7巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月12日

大岳山を登るエピソード、一体嫌なことって何が起きたんだろう。社会人だとやっぱり嫌なことは避けられず、癒すために山に行きたくなる気持ちに共感できた。自分が山登り始めるようになったのも、似たようなものだから。

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 1巻

Posted by ブクログ 2018年02月10日

「山ガール」って呼ばないで……
日々野鮎美(27歳・会社員)は、週末のほとんどを山で過ごす「単独登山女子」。
メインは絶品山ごはんの数々なのですが、ファッションではなく最早ライフワークとなった彼女の山行と、それを最大限に楽しむための努力や工夫が随所に描かれたアウトドア漫画です。

私自身は山登らない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 6巻

Posted by ブクログ 2018年02月01日

今巻も、グッと来たなぁ
登山のキツいからこその楽しさ、そこで関わり合う人との縁、自己対話をしながら頑張ったからこその食べ物の美味しさ、それらをひっくるめた山って自然の偉大さが伝わってきた
山の怖さ、楽しさ、凄さを、ここまで実直に描ける漫画家も、そうは多くないだろう、と私は思っている。信濃川先生は謙遜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 6巻

Posted by ブクログ 2017年12月17日

良かった!
雲取山行きたいな。てか山に登りたい!
フルー“酎”ポンチがめっちゃうまそう。
社内報エピソードのところにちょうどペーパーが挟まっていたのがナイス!
お母さんと立山編、泣いちゃった。いい話だったなぁ。
ああ、山に登りたい、登りたい、登りたい!

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 5巻

Posted by ブクログ 2017年08月11日

あー、最悪だ
腹減ってきやがった、しかも、山に登りてぇ、って衝動まで湧き上がってくる
ほんと、気になるんだが、この『山と食欲と私』、他の漫画読みの人らは、どのタイミングで読んでいるんだろう
私は、たまたま、買った順番で読んでいたら、この(5)を読むのが夜になってしまったから、今、ウズウズしてしまった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 5巻

Posted by ブクログ 2017年07月08日

今回も面白かった!
水餃子鍋って一人山頂飯としても良さそう。
鍋割山名物鍋焼きうどん食べたい!
「COST」のせいで肥えた日々野さんかわいいw
最後に出てきた香山栄螺さんが気になるw

このレビューは参考になりましたか?

山と食欲と私 4巻

Posted by ブクログ 2017年06月23日

この『山と食欲と私』って作品は、さほど珍しい事でもないけど、巻を重ねるごとに面白さが増している。それでいて、頑張っている感じがしない。いや、信濃川先生の努力が見えない、と言っている訳じゃない
何っつーのか、面白くしなきゃ、そんな漫画家なら感じて当たり前の焦り、不安、そういうネガティブなものが、作品に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?