日本の論点2016~17

日本の論点2016~17

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

累計19万部の超人気「日本の論点」シリーズが今年も発売!
著者は、世界NO.1戦略コンサルティングファームのマッキンゼーで、日本支社長、アジア太平洋地区会長などを歴任し
2005年には「Thinkers50」でアジア人として唯一、トップに名を連ねている大前研一氏。
大前氏は、毎朝4時に起きて世界中のニュースを視聴するだけでなく、世界、日本の政治経済のVIPと直接対話し
常に思考と分析を繰り返している。この本は大前氏の日々の鍛錬の集約でもある。
 今年のテーマは、世界に通用する「論理力」をどのようにしてつけるか。大前氏の思考にわずか「3時間」で
近づけるだけでなく、TOEICだけでは身につかない世界レベルの「思考法」が、確実に得られる1冊。

【著者紹介】
大前研一 (おおまえ・けんいち)

早稲田大学卒業後、東京工業大学で博士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。マッキンゼー&カンパニー・インクを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー大学学長、ボンド大学経営学部教授。著書に『稼ぐ力』(小学館)、『新装版企業参謀』(プレジデント社)、『低欲望社会「大志なき時代」の新国富論』(小学館)ほか多数。
「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。マッキンゼー時代にはウォールストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家論の概念などについて継続的に論文を発表していた。
この功績により1987年イタリア大統領によりピオマンズ賞を、1995年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。
英国エコノミスト誌は、現代世界の思想的リーダーとしてアメリカにはピーター・ドラッガー(故人)やトム・ピータースが、アジアには大前研一がいるが、ヨーロッパ大陸にはそれに匹敵するグールー(思想的指導者)がいない、と書いた。
同誌の1993年グールー特集では世界のグールー17人の一人に、また1994年の特集では5人の中の一人として選ばれている。2005年の「Thinkers50」でも、アジア人として唯一、トップに名を連ねている。

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
293ページ
電子版発売日
2015年11月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2016年01月17日

    比較的古いファクトによる論評ではあるが、やはりシンプル且つロジカルに内容が整理されているので読みやすい。
    橋下徹大阪市長が大阪都市構想の住民投票で敗北した原因は人間性とEQ力の欠如によるもの、そして堺市を大阪都市構想に組み込めなかったことがあげられているがこれには同意できる。橋下市長程熱血に大阪市の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月18日

    ここ数年、著者の本を読んで年末を迎えています。
    来年は、どんな年になるのだろう。

    勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月30日

    2015年に発売されたのですでに事実になっていること、外れていることもあるけど、考察と考え方は非常に参考になる。カタルーニャ地方など今のホットな話題もこのころから取り上げられていて、やはり物事には原因と結果、というか過程があるんだな、と改めて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月17日

    新聞やネットでの情報より深い洞察の視点がとても参考になった。1つのテーマが簡潔でとても読みやすいので、こういう本はとてもいいですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    前回よりいい!

    KEN 2016年02月17日

    素直に勉強になった。

    グローバル社会においてケインズ的な学術論法は通じないといった内容は確かにその通りだと感心してしまいました。

    前回の様な政府の借金を国の借金という様なバイアスのかけ方は無くミスリードもなかった様に思える。

    ただ、具体例を論述する際にもっとネガティヴに事が進んだシナリオでも述...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月06日

    この読書のPDCA

    P:今年を大前研一さんはどーみてんの?

    D:『日本に何でロゴスの教育がないの?』からはじまる。

    01:日本の世界観
    →反省はほどほどに、もっと先進国日本の考える世界観を発信していこう!

    02:アベノミクスは見透かされている
    →前提がそもそも間違いで、今はケインズ経済じゃな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月03日

    前半はいつもの主張のリマインド的な内容で、いつも氏のHPなどをチェックしてる身としては特に真新しさはなかったが、中〜後半から展開される安保法制の真意、中東混乱の現状と背景は特に勉強になった。1日あれば読めるボリュームだが、手っ取り早く「イマ」を知るのに適した良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    アベノミクス行き詰まり。TPP農家は変わらない。沖縄から基地は無くならない。
    大阪都構想ほ外側にあるのも。水素ステーションは危険。被災地復興を遅らせるの誰か。
    事実と理論の積み重ねから「結論」を導き出す!
    そのためには論理思考が必要。だが、日本の教育体系には「理論思考」がない?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月09日

    日本国内に対する見解
    →政治家でないのに、自信満々すぎる政策立案が多すぎる印象。正直懐疑的に読まざるを得ない。
    しかし、日本の教育や橋本氏に関する見解は納得いくものが多く、筆者の経験の深さ、分析の鋭さに感服しました。

    海外情勢に関する見解
    →筆者の知見の広さ、分析の鋭さにただただ感動していました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月28日

    母校の先輩で、働く業界も見方によれば同じ(対象顧客が全く異なるので同じという認識は自分では持っていない)といえる同氏の毎年刊行されるようになってきた著書。
    勝手なイメージから自分とは基本的な価値観などが異なると思い込んでいて、これまでほとんど同氏の本は読んだことがなかったが、世界の現実を網羅的に理解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「日本の論点2016~17」に関連する特集・キャンペーン