公爵家の花嫁は禁断の恋歌をうたう

公爵家の花嫁は禁断の恋歌をうたう

作者名 :
通常価格 561円 (税込)
紙の本 [参考] 604円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

十七歳で宮廷に上がり、皇太子ヨハンと出会うその日まで……と、黄昏城に隠されているヴォーツェン帝国三大公爵家の一つメヴィラーデ家の令嬢ユティーリア。ところが、忍び込んできた宿敵シュナーツェル家の放蕩息子フェルジオと運命の出会いを果たして!? この人を愛してはならない…と思えば思うほど、互いに激しく惹かれあう禁じられた恋。はるおかりの禁断の花嫁三部作、第二弾!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年11月27日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年04月27日

とても美しい文章や表現が素敵でした。
最後まで愛を貫こうとする二人の姿も魅力的です。
ただ、何故か少し物足りなさを感じてしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月18日

屋敷から出てこない純真無垢な少女と
恋多き男は、互いに敵対している家の人間。
ちょっとした好奇心で出会った彼らは交流し、恋をする。

ロミジュリ状態、ものすごく王道です。
むしろ男の方は、家族間の問題をどうするのか、と
問いたいぐらい王道です。
よくある勘違いやらすれ違いやらはないので
どう問題を解...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年01月17日

「禁断の花嫁」シリーズ第2弾。
今回は「宿敵同士の恋」がテーマ。

皇太子との婚約のため、17歳まで黄昏城で隠されるようにして育てられた公爵令嬢ユティーリア。そんな彼女のもとへある日、宿敵シュナーツェル家のフェルジオが忍び込んでくる。シュナーツェル家の者には近づいてはいけないと父親からはきつく言われ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年01月03日

読み終わってから気付きました。前作「皇弟は黒き花嫁に跪く」の数年前のお話で、前回は「身分差の恋」がテーマで今回は「宿敵同士の恋」がテーマだそうです。

「宿敵同士の恋」といえば、「ロミオとジュリエット」って感じですが、この話でもバルコニーでの密会シーンが多いです。そんなに頻繁に忍び込んでて、よく見つ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています