謎まで三マイル

謎まで三マイル

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

河からあがった死体の状態はあまりにひどかった。両手両足ばかりか首まで切断されていたのだ。ポケットにあった手紙から、死体が行方不明の大学教授のものと考えたモース主任警部は、ただちに捜査を開始した。が、やがて事件は驚くべき展開を見せた。当の教授から、自分は生きていると書かれた手紙が来たのだ。いったい、殺されたのは誰か?モースは懸命に捜査を続けるが……現代本格の騎手が贈る、謎また謎の傑作本格

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ・ミステリ文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2015年10月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

謎まで三マイル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年10月19日

    モース警部の推理、また炸裂!
    今回のは、ジグソーパズルの真ん中のピースがない!という話。
    自ら言うところが心憎い、うまい例えでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月30日

    ミステリ。モース警部。
    背表紙の紹介に惹かれて読んだぶん、少し地味に感じた。☆2.5くらい。
    作品の完成度は低くない。
    文章は少し読みにくさもあるが、各章が短く、意外と止まらない。上手いのかも。
    著者の作品は、有名な『ウッドストック行最終バス』『キドリントンから消えた娘』あたりは読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています