大世界史 現代を生きぬく最強の教科書

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書

作者名 :
通常価格 880円 (税込)
紙の本 [参考] 896円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

『新・戦争論――僕らのインテリジェンスの磨き方』に続く、最強コンビによる第2弾!

いま世界は激動の時代を迎え、これまでの秩序が揺れ動いています。こうした混迷の時代こそ歴史を学ばなければいけません。現在の世界の動きをとらえ、各地で起きている事態を読み解くためには、その背景を知ることが必要なのです。高校時代、世界史が苦手だったという著者の一人、池上彰さんは、「歴史」を知るとは、生きていくために「自分」を知ることだと、いま感じているといいます。
もう一人の筆者、佐藤優さんは、歴史を学ぶことは、主婦やビジネスパーソンにも意味がある、といいます。歴史を学ぶことで、自分では実際に経験できないことを代理経験することは、組織の理不尽さに直面したときにものをいうというのです。歴史を学ばない人は、どんな成功者やエリートであっても意外に脆いものだとか。

中東、トルコ、中国、沖縄、ロシア、アメリカ、ドイツ……大きな節目にある「世界の今」を、「大世界史」でとらえなおし、そこからビリギャルの世界史的意義や日本の教育問題までの議論を収録した一冊。現代を生き抜くためには必要な知識をもたらす最強の教科書です。「最強の世界史勉強法」も巻末についています。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年11月06日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年05月07日

佐藤さんと池上さんという、情報界の第一人者のコラボの第2弾。
読み進めながら、どんどん引き込まれていく。
今回も、現代社会の情勢を織り込みながら、今までの世界史を踏まえた最新の考察もあり、将来予測への興味をそそる。
中東は、オスマン帝国・ペルシャ帝国を興したトルコ・イランの動向に注目。
中国の習近平...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月27日

『新・戦争論』に続く池上彰さんと佐藤優さんの共著

日本史と世界史を融合した点、歴史だけでなく政治や科学技術、宗教などを含めた体系知ということで大世界史というタイトルらしい

サブタイトルの通り、現代をいきぬくための知識として
現代の国際問題と、その背景に潜む歴史について語られている
あくまで世界史...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月20日

現在、世界で起きている戦争・テロの背景を、その地域の歴史と、日本との関わりなど交えて説明してくれる本。特にイスラム国周りの解説は非常にわかりやすい。本書での池上氏のストレートな切り口には、テレビでは色々な事情にかなり配慮して話しているんだなと驚かされた。2015年の情勢を基にした本だが、現在でもまだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月19日

インテリジェンスとしても定評のある池上彰と佐藤優による対談集の第2弾。

2015年時点の世界の情勢を知ることができた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月22日

過去、佐藤優さんの著書の記載で、「歴史」には、ドイツ語でヒストリーとゲシヒテという2つの概念がある、というのを読んだ。佐藤さんによると、年代順に出来事を記述するのがヒストリー、歴史上の出来事の連鎖には意味があるとのスタンスで記述がされるのがゲシヒテとのこと。よく調べると、本当は意味が逆のようなのだが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play