SNOOPY COMIC SELECTION 80’s

SNOOPY COMIC SELECTION 80’s

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

80年代で注目すべきポイントは、スヌーピーに無償の愛を捧げるチャーリー・ブラウンと、全く意に介さないマイペースなスヌーピーという2人の微妙な関係。なんとも切なくて面白い!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
SNOOPY COMIC SELECTIONシリーズ
電子版発売日
2015年10月24日
紙の本の発売
2015年10月
サイズ(目安)
52MB

SNOOPY COMIC SELECTION 80’s のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月16日

    この巻(1980年代)から、徐々に4コマだけでなく、1~3コマの作品も増えてきて、ピーナッツの世界がさらに広がっているように感じます。

    チャーリー・ブラウンもモテるようになってきて(?)、その恋話も面白いです。

    また、変わらずスヌーピーの変装も可愛いです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    2019年12月02日

    スヌーピーの兄弟がたくさん出てきて嬉しい。クスっと笑えるシーンや哲学的なシーンもあって、何度も読み返したくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月09日

    「起承転結」という概念がないのか
    4コマでは時間の経過や間を表すだけ?の
    一コマが入ったりで、3コマの方がテンポよく
    オチにつながっているような気がする(素人感想)。
    「ますます生意気に」(帯より)とあるが
    人間のパートナーではなく、あくまで自分という姿は
    犬というより猫的なイメージ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月31日

    だいぶ見慣れた絵になってきた気がします。
    オラフたち兄弟も出てきて楽しかった。
    大きいコマ割りもあったり、日を跨いで話が続いてる時もありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    ■総論:
    新聞漫画スヌーピー『PEANUTS』の歴史をまとめ、話題となった作品をピックアップした本。
    スヌーピーの独特な世界観や哲学、登場人物の特徴などがまとめられている。
    ・読書時間:1時間程度
    ・ボリューム:191ページ(文字も大きく漫画も多いのでボリュームは少なめです。)

    ■こんな人にお勧め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月08日

    "「さあ、キャプテン、どこから始める?」
    「おれをキャプテンて呼ぶなよ…名前はメイナードっていうんだ…
    どこから始めようか?いちばんの苦手は自分でなんだと思う?」
    「なんでも言ってごらん…それが苦手だから!」"[p.120_1986.07.23]

    このレビューは参考になりましたか?

SNOOPY COMIC SELECTION 80’s の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング