書店男子と猫店主の長閑なる午後

書店男子と猫店主の長閑なる午後

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
紙の本 [参考] 583円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

横浜は元町。物静かな裏通りに、古い洋館を改装した『ママレード書店』はある。橙色の蝶ネクタイがトレードマークの猫・ミカンが店主だ。駆け出し絵本作家・賢人は本業だけで食べていけず、学生時代の先輩兼オーナーの篠宮に誘われ、昼間はここでアルバイト中。アルバイトを始めておよそ半年、賢人は店で白昼夢を見るようになる。どうやら原因はミカンらしくて…?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年10月23日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

書店男子と猫店主の長閑なる午後 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月15日

    絵本を作るのが夢な私からすると、
    あ、こんな絵本の作り方素敵だなと思った。
    こんなお仕事も素敵やなとかも思った

    このレビューは参考になりましたか?

書店男子と猫店主 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 書店男子と猫店主の長閑なる午後
    横浜は元町。物静かな裏通りに、古い洋館を改装した『ママレード書店』はある。橙色の蝶ネクタイがトレードマークの猫・ミカンが店主だ。駆け出し絵本作家・賢人は本業だけで食べていけず、学生時代の先輩兼オーナーの篠宮に誘われ、昼間はここでアルバイト中。アルバイトを始めておよそ半年、賢人は店で白昼夢を見るようになる。どうやら原因はミカンらしくて…?
  • 書店男子と猫店主の平穏なる余暇
    “記憶だけじゃない。あなたの心も返したいから”。駆け出しの絵本作家・賢人は、横浜・元町の『ママレード書店』でバイト中。店主のミカンは猫と思いきや、人の夢を喰らう『獏』。夢に混じる記憶を消化できず、賢人へ吐き出してくる。そのせいで他人の記憶を白昼夢で見るようになってしまった。ミカンの動向に注意しつつ、記憶を絵本にして持ち主に返す日々だが、ある日、元同級生の拓也が店にやってきて…?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています