宇宙への序曲〔新訳版〕

宇宙への序曲〔新訳版〕

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人類は大いなる一歩を踏み出そうとしていた。遥かなる大地オーストラリアに建設された基地から、宇宙船〈プロメテウス〉が月に向けて発射されるのだ。この巨大プロジェクトには世界中から最先端の科学者が参画し、英知が結集された。そしてついに、全クルーの搭乗が完了し、発射に向けてカウントダウンが始まった……。アポロ計画に先行して月面着陸ミッションを描いた、巨匠クラークの記念すべき第一長篇。待望の新訳版。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(海外)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
304ページ
電子版発売日
2015年09月30日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

宇宙への序曲〔新訳版〕 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月18日

    宇宙船が月に発射されるまでの期間を、歴史学者の視点から追っていく話。
    クラークらしく、人物の所感とか動機とかの部分に重きが置かれている。ちょうおもしろかった、クラークは良いなあ〜〜〜。

    基本は淡々と出来事が進んでいく。でも、ときにイベントや事件が起こる。ハッセル、ウィルクスのくだりはそれぞれ胸にく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月05日

    序曲、PRELUDEのタイトル通り、宇宙開発の
    夜明け前を描いていて、地味ともとれるけど
    1951年作品、月面着陸の約20年前で
    現代からすれば地味に感じさせるほどびっくり技術や
    不思議な力を使わない正当な月への第一歩。
    だけど、ところどころに見せる次への夢への一歩、
    エピローグで見せるロマンがたま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    英米民間の惑星間協会。原子力(プルトニウム)ロケットを発射するには「アメリカは狭すぎる(人口密度が多い、何かあったら大変)」と危険を意識して、オーストラリアに基地。執筆'47年~想定'74年。真空管時代、機器の全部が。「電子計算機」は地下。チップ1つで数十万以上のダイオード(原義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月29日

    クラークの長編一作目。
    1951年に書かれたんだからすごいよなー、と思う。

    主人公の設定がやや微妙な気がしたが、
    人類初の月面着陸有人飛行の過程がとてもリアルで、
    その出来事後に生まれた私でも、
    この一大事業への緊張感を感じた。

    しかしながらその一方、
    リアルさを追求した引き換えなのかもしれない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています