新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日米の金融政策や物価予想の違いが、2012年末からの円安・ドル高の流れを作ってきた。しかし、ここにきてこの流れに変調をきたし始めている。
 中国、ギリシャ、米国利上げの危機連鎖で、マネーのリスク回避を徹底検証。専門家9人による「15年度下期為替大予想」などを掲載。
 本書は週刊エコノミスト2015年7月21日号で掲載された特集「円高が来る」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
・中国、ギリシャ、米国利上げ 危機連鎖でマネーのリスク回避
 「円安は日本経済にプラス」は本当か?
・円とドルの実力 主要通貨間で上位浮上の円 下位グループに沈む米ドル
・分岐点 15年が「最後の円安」の可能性も
・1ドル=102円も 過去3回の米利上げ局面は円高
・日銀の苦悩 追加緩和は景気悪化、円高・株安が条件
・専門家の大予想 2015年度後半の為替相場
  日米の金利差拡大で円安へ=岩下真理
  ドル高・円安基調の復活へ=植野大作
  米利上げペースは緩やかに=斎藤裕司
  中国減速が米政策の障害に=酒井聡彦
  米利上げ後は円高=瀬良礼子
  豪ドル 景気回復期待から底堅く=山田雪乃
  トルコ・リラ 方向感欠けるレンジ相場=村田雅志
  ブラジル・レアル 内政不安で安定せず=鈴木健吾
  メキシコ・ペソ 米ドル高への抵抗力強い=秋本翔太
・日銀・黒田発言の真意 インフレ加速の潜在的不安への牽制
・欧州統合の後退か 借用証書がユーロを駆逐する
・中国が世界の銀行に 人民元がSDRに採用される日
・ミセス・ワタナベの今 3カ月で9割が撤退するFX

ジャンル
出版社
毎日新聞出版
電子版発売日
2015年09月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ビジネス・経済」ランキング