死では終わらない物語について書こうと思う

死では終わらない物語について書こうと思う

作者名 :
通常価格 1,222円 (1,111円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

日本人はこうやって死んでいった!

僧侶でもある著者が、庶民から高僧までさまざまな時代の人々の死にざまを読み解き、「死=終わり」ではない日本人の死生観に迫る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年09月18日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

死では終わらない物語について書こうと思う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年05月05日

    釈徹宗さんの本は分かり易いが、本書は共感を感じなかった。平安時代から種々書かれてきた往生伝を紹介し、市井のあるいは高僧の臨終の様子を紹介している。基本は亡くなるまで一心に、ときには愚鈍に称名を続けることによって、安らかな浄土往生を遂げるという話。私的にはもうひとつ。でも納得することもあった。僧の話が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月03日

    「死では終わらない物語について」往生伝や
    終活、いかに死ぬか。宗教と死。をテーマに
    書かれた本。
    久しぶりに読んだ釈氏の本でもあります。
    まだまだ、死について具体的に近しく感じたことは
    今のところありません。
    一度危ないといわれていた時はあるようですが、
    その時は本人は全くわかっていませんでしたので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています