反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体―

反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体―

作者名 :
通常価格 1,144円 (1,040円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

アメリカでは、なぜ反インテリの風潮が強いのか。なぜキリスト教が異様に盛んなのか。なぜビジネスマンが自己啓発に熱心なのか。なぜ政治が極端な道徳主義に走るのか。そのすべての謎を解く鍵は、米国のキリスト教が育んだ「反知性主義」にある。反知性主義の歴史を辿りながら、その恐るべきパワーと意外な効用を描く。※新潮選書版に掲載の図版の一部は、電子版には収録しておりません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮選書
電子版発売日
2015年08月14日
紙の本の発売
2015年02月
サイズ(目安)
6MB

反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月05日

    反知性主義とは知性に反対する主義ではなく、知性が権威を不当に行使している構造をチェックしようとすること。また、チェックしようとする過程で新たな知的創造が生み出される可能性もある、というのが本書のポイント。なので、都市文明を大学の外から鋭く批判したエマソンやソローも反知性主義。また、フィニーという反知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    留学時に「大統領になりたければ正しい政策が何か説明するな。誰にでも分かるメッセージだけ繰り返しておけ」と教えられた理由がとてもよく分かった。「自分は無神論者だから」という人でも、なぜアメリカ人なら誰にでも宗教的なまでに反権威主義の精神性が感じられるのかも。
    本書はアメリカにおけるプロテスタントの発展...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    反知性主義とは知性の欠如を礼賛するものではなく、むしろエスタブリッシュメント化した知性に異を唱え本質への議論を巻き起こす、極めて知的な営みが出発地点だったということがわかる。
    アメリカにおけるキリスト教の在り方、変遷を学ぶという観点でも実に興味深い内容。
    インテリの2時間かかる難解な説教より、身振り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    トランプ大統領就任のころからよく目にするようになった反知性主義だが、その意味合いがよくわからない。
    まえがきにある、佐藤優の「実証性や客観性を軽んじ、自分が理解したいように世界を理解しようとする態度」と定義が一番実感に近いように思う。
    本書は、反知性主義という社会問題を説明・分析するようなものではな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    最近話題(?)の反知性主義の本。読む前は反知性主義を単なるインテリに対する妬み嫉みの類だと思っていたけれど、信仰の問題だと考えると反知性主義という言葉がまた違った様相に見えてくる。信仰はインテリだけのものではなくて、みんなのもの。インテリだってそうじゃなくたって、信仰を持ったっていいじゃない。信仰心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月26日

    反知性主義という言葉自体はここ最近、トランプ政権の誕生や各国家での保守派の台頭を指したものとして聞かれるものだった。そうした風潮に「反知性主義」という批判を浴びせるという文脈で使われていた言葉。

    しかし、この本を読むと「反知性主義」という言葉はむしろ褒め言葉のようにも思えて来る。
    反知性主義は、知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月17日

    【知の引っぺがし】トランプ大統領の誕生等の流れを受け,日本でも幅広く使われるようになった「反知性主義」という言葉。その発祥の地とも言えるアメリカにおける反知性主義の流れをたどりながら,その考え方の本来意味するところを探求した作品です。著者は,国際基督教大学で教授を務める森本あんり。

    決して難解な表...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月09日

    反知性主義とは、知性と権力が結びつくということを批判することで、知性そのものを非難することではなく、アメリカという国故に生まれたということが分かりました。 
    本書では、アメリカのキリスト教布教の歴史に於ける、「信仰復興」(リバイバル)を通じてどのように反知性主義と言う考え方が敷衍されてきたかが分かる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月03日

    反知性主義とは何か。知性主義に対する反発である。反"知性"主義ではなく、反"知性主義"である。
    この誤解が解けるだけでも、目からウロコ。
    それでは知性主義とはなにか。反知性主義の背景は?
    とても読みやすいが、知らなかったことばかり。
    話題となりながら、明らかに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月22日

    反知性主義を理解するとき、アメリカのキリスト教史の大前提を理解することが必須。この本は最高。時代を騒がせた教会の主役たち、心に語りかけるような筆者の言葉。深くて楽しい講義を聞いてるような素晴らしい本。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮選書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング