科学の危機

科学の危機

作者名 :
通常価格 734円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

かつて毒ガス兵器の開発者がノーベル賞を受賞した。その後も科学の軍事利用は止まるところを知らず、原子力、遺伝子ビジネスなど、研究はさらに未知の領域へと踏み込んでいく。本書は科学史と思想史を手がかりに、〈科学の古典的規範〉がいかに崩壊したかを明らかにする。さらに、専門家ではない人々が、科学の暴走に歯止めをかけるために必要な〈感覚〉について論じる。危機に瀕する科学に対し、どこに問題の本質があるのか核心を突く画期的論考。【目次】まえがき/第一章 科学の自覚/第二章 科学の変質/第三章 ある科学者の肖像/第四章 科学批判の諸相/第五章 科学の文化的批判に向けて/あとがき

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年07月31日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年12月01日

哲学者の考える科学の話だが,教えさせられる点が多い.科学者の仕事が個人で完結した時代から,次第に社会との接触が始まり,さらに社会から規制される過程を克明に描写している.「古典的規範」がCUDOS,さらにはPLACEになっていく.多くの科学者の事例を取り上げていることも理解しやすい構成だ.国家が主導す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月26日

「一七世紀イギリスにおける科学・技術・社会」(一九三八、ロバート・K・マートン」
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(一九〇四-〇五年、ウェーバー)
『ニュートン力学の形成:『ブリンキピア』の社会的経済的根源』
P87 『背信の科学者たち』(一九八二、W・ブロード、N・ウェイド』
『科学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play