文系の壁 理系の対話で人間社会をとらえ直す

文系の壁 理系の対話で人間社会をとらえ直す

作者名 :
通常価格 730円 (664円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「理系は言葉ではなく、論理で通じ合う」「他者の認識を実体験する技術で、人間の認知は進化する。」「細胞や脳のしくみから政治経済を考える」「STAP細胞研究は生物学ではない」……。解剖学者養老孟司が、言葉、現実、社会、科学研究において、多くの文系の意識外にあるような概念を、理系の知性と語り合う。『すべてがFになる』などの小説で知られる工学博士森博嗣、手軽にバーチャルリアリティが体験できるデバイス(段ボール製)を考案した脳科学者藤井直敬、話題作『なめらかな社会とその敵』の著者で、「スマートニュース」の運営者でもある鈴木健、『捏造の科学者 STAP細胞事件』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した毎日新聞記者・須田桃子。「前提」を揺さぶる思考を生む四つの議論。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年07月17日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

文系の壁 理系の対話で人間社会をとらえ直す のユーザーレビュー

    購入済み

    森博嗣さんとの対談が…

    壇那院 2020年05月28日

    あまりに首肯出来るので、二度読みしてしまった。
    特に、元は安全装置を含めた設備系機械の開発設計者だった小生としては、「絶対」や「完璧」を振りかざすのは「絶対」と「実現性」の意味を知らない愚か者だと考えるので、「55%賛成」「絶対安全は言葉だけ」には、唸った。
    「前提を問う」のくだりも含めて、「自分は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月09日

    養老孟司さんが,理系の研究者やジャーナリストと理系同士で行なった対談集。
    ただし,テーマは論理と言葉・認知・社会・ジャーナリズムなど,いわゆる”文系”分野と言われる問題。

    「文系の人はああだけど,理系の人はこう」という対比で話が進んでいたのは,最初の森博嗣さんとの対談くらい。
    テーマが論理と言葉だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

     本当の「理系」とは、数学と哲学である。
     なるほどなぁ。「理系」は真理を追い求めるが、それ以外はとりあえずどうすればどうなるか、を取り扱う学問だから「文系」ということか。工学や医学も原理は置いといてどう改良するか、どう治療するかに重きを置くからね。自分は農学だけど文系脳だなと思っていたが、それは間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月20日

    古本屋でたまたま手に取り衝動買いした本だったが、なかなか面白かった。文系と理系の考え方の違いから同じ理系でも物の見方や価値観が多様であることを論じ、今後の社会の可能性を対談している。 私自身は世間一般で言う'理系'だが、この本を読んでもっと多角的にものごとを捉え、文系理系などとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月31日

    すごく面白かったし、わかりやすかった。


    識字障害(ディスクレシア)
    文字を音声に変換する部分に問題がある。
    英語は綴りと発音の関係が複雑なので、それが識字障害が多い原因と言われている


    文系は物事を言葉で割り切るからデジタル、理系は論理で解明しようとするからアナログ


    哲学的な議論はどこまで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月24日

    「理系は言葉ではなく、論理で通じ合う」「他者の認識を実体験する技術で、人間の認知は進化する。」「細胞や脳のしくみから政治経済を考える」「STAP細胞研究は生物学ではない」……。解剖学者養老孟司が、言葉、現実、社会、科学研究において、多くの文系の意識外にあるような概念を、理系の知性と語り合う。

    『す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月28日

    タイトルは『文系の壁と』とやや刺激的なものだが、決して文系が悪いとかどうとかという内容ではない。誤解を避けるためにサブタイトルがついているのがよく分かる。変わらないと変わる、同じと違う、わかる分からない等、紙一重だと改めて思った。もちろん文系と理系もそうなのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    久々に養老先生の著作を読んだ、ここ最近よく読む森博嗣先生との対談を見つけて興味が湧いた。それをきっかけに藤井直敬、鈴木健、須田桃子という3人の新しい人を知ることが出来た。中でも鈴木健さんはスマートニュースの人なのに哲学や地域通貨のことなどの幅の広い研究対象に惹きつけられた。著作もいつか読んでみたい。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月04日

    知識の畑が耕されている人たちの会話は眺めていても楽しい。
    そしてストレスを溜め過ぎて死ぬことがないようにしなくては!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月20日

    養老孟司氏が、4人の理系知識人と行った対談内容が書かれている。
    文系理系を対立構造と見るのではなく、「言葉」や「社会」など、文系のフィールドで研究されている概念について、理系的に考え話し合っている。

    4人との対談で共通して感じられるのは、「前提」に対する疑義の持ち方だ。思考をスタートさせた時の「前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています