家出少女の結本千尋は、記憶を失いまったく別の人格になってしまう。彼女の前に天という少年が現れ、恋仲になるが、彼には劫という双子がいて、しかも二人はひとつの人格を共有しているのだった…!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
360ページ
電子版発売日
2015年07月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • エキセントリクス〔文庫版〕(1)
    完結
    通常版 1巻 432円(税込)
    家出少女の結本千尋は、記憶を失いまったく別の人格になってしまう。彼女の前に天という少年が現れ、恋仲になるが、彼には劫という双子がいて、しかも二人はひとつの人格を共有しているのだった…!
  • エキセントリクス〔文庫版〕(2)
    完結
    通常版 2巻 432円(税込)
    千尋と双子の関係は不思議なバランスを保っていた。しかし、突然、双子のひとり「劫」が失われる。だが、消えてしまったのは本当はどちらなのか…。明らかにされる謎、事態は運命に向かって走り始める。

エキセントリクス〔文庫版〕(1)

Posted by ブクログ 2012年07月15日

こんなにも衝撃を受けた漫画は、そんなに存在しない。混乱を愛せるようになるには、私の許容は狭すぎるかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

エキセントリクス〔文庫版〕(1)

Posted by ブクログ 2014年11月19日

記憶喪失のお話……かな。二重人格か。
うーん、記憶がその人を形づくるとすると、記憶がなくなるとその人ではなくなるのか?

それから、双子が出て来ます。
こっちは、2人ともが、2人いるけれども同じ人物だと主張します。
記憶が一緒ならば、経験が違っていても、同一人物だといえるのか?

混乱を愛してという...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

エキセントリクス〔文庫版〕(2)

Posted by ブクログ 2010年11月11日

2人目の彼女の自我は
新しく目覚めたのではなく、もともとあったものなのではないだろうか。
ただそれを出すことができなかっただけで。

そして、彼女は2つになり、
彼らは彼女と出会い、ひとつであったものが
2つへと分かたれてしまった。

彼女はひとつになり、
ばらばらになったふたつはひとつになるために...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

エキセントリクス〔文庫版〕(2)

Posted by ブクログ 2014年11月19日

うーん、結局、先輩と比良坂は、同じ人なんだろうか?
ここでも、「その人」というのはなにかという問いにぶつかります。

つぶれていたのが「天」だとすると、「劫」と同一人物だと考えることに、彼は実は疲れていたのでは?
多分、つぶれていたことは、劫の方は、知らないんですよねぇ。

うーん、ラストシーンも、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?