お母さんは「赤毛のアン」が大好き

お母さんは「赤毛のアン」が大好き

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本は心のごちそう。さまざまな分野の本を、マンガ形態でさまざまな楽しいエピソードを盛りこみながら親しみやすく紹介。本を生活の中の一場面において、ストレートな感性で綴る。『本の雑誌』『ユリイカ』連載の単行本化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
本の雑誌社
電子版発売日
2017年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
38MB

お母さんは「赤毛のアン」が大好き のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年10月07日

    本に対する愛情が深すぎて(?)
    ゴミ収集所に捨てられている本は、見捨ててはおけない派。

    とりあえず、キョリキョロと辺りを伺いつつ、
    うんしょ、うんしょ(←かなり重い!)と何度も往復する自分はもしかしたら、
    (変人)なのかな?

    なんて、容疑がかけられていたが(自分に)
    そうでもないのか、と、この本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月06日

    これもシリーズものの1冊。ちょっと変わった本も紹介されてて、結構参考にして本かいました。トンパ文字の本とか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    本好きにはたまらない。読書の幸せに満ちた一冊。

    母が愛する「赤毛のアン」、東野圭吾の「秘密」、オースターの「最後のものたちの国で」まで、あらゆる本を独断と偏見で紹介。本を愛するすべての人々が、読み終えた後、もっと本が読みたくなる一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月05日

    故吉野朔実さんの母上様と、我が母親は非常に似ている。母と暮らした26年間を複雑な感情で振り返るほど、似ている。母も『赤毛のアン』が大好き、だけど数年前に終活だとあっさり処分した。母にとって物を溜め込む、とり置くことは罪悪かの如く物を持たない人である。だから子供の時のおもちゃも服も気が付けば消えていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月15日

    本好きの本好きのためのコミック。
    とはいえ、紹介いただいた本はどれもこれも一流どころ!?

    これまでに読んだ本の中で~のインタビューのページではたじたじ。
    さすが、本読みさんの友人の方々。

    私の好きな、穂村さんも登場していて妙に嬉しくなりました。
    でも、知らない本も多くて劣等感刺激されたので、星は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月06日

    今まで読んできたこのシリーズの中では,
    次に読んでみたい本が少なかったような気がする・・・。

    でも,いろんなジャンルの本が紹介されているので,
    毎回興味深く読めるので楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    筆者のお母さんってすごい人だと思う。何でもできて主婦のプロって感じだけど(そんなの昔は普通だったんだろうけど)、情操面で何かが決定的に欠落してるのか、もしくは超克してるかのような……人物的な興味を禁じ得ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月29日

     解説を先に読むか後に読むか。紐の栞はどこに挟んで読むか。お風呂での読書方法等々。読書に関する、些細なんだけど、それだけに十人十色でありそうな話が次々と出てきて面白かった。その人のこだわりとか、知らずのうちに身に付いた習慣。いろんな人に話を聞けば面白いだろうなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    絶対持っているはずなのに、引越しのどさくさにまぎれて紛失した一冊。この時なくした本にはいまや絶版になっている画集も混じっていて、かえすがえすも悔やまれる。いつになったらあきらめられるのやら・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています