淡島百景 1

淡島百景 1

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

恋とも友情とも、
憧れとも執着とも、
嫉妬とも恐れとも、
言葉にできない、大切なきもち。

舞台に立つことを夢みて歌劇学校に通う少女たちの心を、鮮やかに切り取った青春群像シリーズ。

淡島(あわじま)歌劇学校合宿所――通称“寄宿舎”には、
舞台に立つことを夢みる少女たちが全国から集まってくる。
ミュージカルスターに憧れて入学した若菜。
親友の思いを背負って学び続ける寮長の絹枝。
周囲の視線を集める美しき特待生の絵美。
かけがえのない季節をともに生きる少女たちの青春グラフィティ。

【目次】
第1話 田畑若菜と竹原王子
第2話 竹原絹枝と上田良子
第3話 岡部絵美と小野田幸恵
第4話 伊吹桂子と田畑若菜
第5話 柏木拓人と吉村さやか

【番外編】拓人くんの日常
志村貴子まつり リレーマンガ(4)

ジャンル
出版社
太田出版
ページ数
160ページ
電子版発売日
2015年06月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
29MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

舞台女優を夢見る少女たちが集う歌劇学校合宿所を舞台に、
少女たちと、そしてかつて少女だった女たちの
ヒリヒリするような感情のもつれが
あくまで静かな筆致で描かれます。
美しい歌声も華麗な衣装も作中にはあまり登場しません。
登場人物はみな、完ぺきとは程遠く、
無邪気に他人を傷つけてしまいますが、
その姿はとてもリアルです。
分かりやすいキャラ設定ではなく、
その無邪気さに細やかな変化をつけることで
読者はそれぞれの登場人物を認識していきます。
誰かを傷つけた取り返しのつかない過去と向き合い、
自分なりに償う方法を現在進行形で考え続ける先生の姿には
特に圧倒されます。
名作『青い花』とのリンクも楽しめますので、
気になった方は『青い花』もお手に取ってみてくださいね。

    Posted by ブクログ 2017年07月13日

    あからさまな百合は苦手だし、志村先生の作品も最初期しか持ってないけど、これは最高だった。
    独特で成熟した絵とネームのコンボによって作り出される世界が素晴らしい。。。
    厳しく苛酷な芸の世界に足を踏み入れた少女たちの交差する人生。夢。挫折。輝き。後悔。
    2巻はいつ出るんでしょうか…ずっと待ってるのですが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月19日

    理由じゃないんだ、この世界観が好きなんだよーという、ただそれだけの話。
    青い花とのリンクもちょっと嬉しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月30日

    「淡島」における人間関係を1話1つずつ切り取っていく長編オムニバス、と言ったらいいのか。特に「先生」がよかった。罪の意識を抱えることと、それでも生きていくことは両立し得る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月13日

    なかなか手に取らない類の漫画ですが…←少女漫画みたいですからねぇ…けれども、手に取ってみました。

    割とイイ!

    というのが正直なところですかねぇ…ただ、オムニバスになっているせいか、登場人物が結構多くてどれに感情移入していいものやら…頭の悪い僕ちんは混乱しがちでした(;^_^A

    ヽ(・ω・)/ス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月20日

    決して美しいだけじゃない少女たちの世界。少しずつ登場人物がつながっている。そういうところを探しながら読むのも楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月03日

    淡島歌劇学校合宿所での少女たちの葛藤や青春模様?が、描かれる。

    閉鎖空間にはその場所独特のルールや縛りが色々あることを改めて意識させられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月12日

    予想以上に宝塚音楽学校の話でした。まず、制服が…。もう、そう思って読んだ人しかいないのでは。
    実際の音校は、ここまでギスギスしていないだろうし、百合っぽさも殆どないんじゃないかな?と思ったけど、これは架空の話でしたね。
    しかし、卒業後の話も描く予定なんでしょうか?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年04月19日

    「淡島」という歌劇団養成学校に入った女生徒たちのオムニバス。少女たちの心の機微が丁寧に描かれており、懐かしい気持ちになったり切なくなったりした。過去と現在が交差する第三話、ラストの一ページで静かに泣く絵美の姿に心がぎゅっとなった。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 淡島百景 1
    748円(税込)
    恋とも友情とも、 憧れとも執着とも、 嫉妬とも恐れとも、 言葉にできない、大切なきもち。 舞台に立つことを夢みて歌劇学校に通う少女たちの心を、鮮やかに切り取った青春群像シリーズ。 淡島(あわじま)歌劇学校合宿所――通称“寄宿舎”には、 舞台に立つことを夢みる少女たちが全国から集まってくる。 ミュージカルスターに憧れて入学した若菜。 親友の思いを背負って学び続ける寮長の絹枝。 周囲の視線...
  • 淡島百景 2
    748円(税込)
    ここは 少女たちの 夢の吹きだまり。 過去と現在が交錯し、想いは幾重にも折り重なる。 瑞々しく鮮烈な青春群像シリーズ、待望の最新刊! 【内容紹介】 舞台女優を夢見る少女たちが集う淡島歌劇学校。 圧倒的な存在感を放つ特待生の岡部絵美。 彼女に憧れ、妬み、視線を求め続けた伊吹桂子。 その優しい母、“絶世の美女”だった祖母。 三世代にわたって囚われた残酷な夢……。 希望と絶望、挫折と...
  • 淡島百景 3
    858円(税込)
    *購入者特典 人物相関図つき! 舞台の上だけが、 わたしの生きる場所だった。 同じ夢をみる同志として、ライバルとして――。 少女たちの心模様を鮮やかに切り取る青春群像シリーズ! 淡島歌劇学校に集う少女たちの中で、 舞台の中心で光を浴びることができるのは一握り。 卒業公演でダブルキャストを演じた沙織と実花子。 しかし、実花子は闘病のため淡島を去り、 沙織はトップスターの...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています