薬が人を殺している 知っておきたい有害作用と解毒のすすめ

薬が人を殺している 知っておきたい有害作用と解毒のすすめ

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「先進国では減少傾向のガン死亡者が日本では増え続けているのはなぜか?」「かつては存在しなかった『乳児突然死症候群』なる病気が出現したのはなぜか?」「睡眠キャンペーンを実施した自治体で自殺者が増えたのはなぜか?」一般的に「効く」と信じて飲まれている薬の大半は効果がないどころか危険な副作用で健康を損なうものばかりである。気鋭の内科医・内海聡が知られていない薬の危険な真実を解き明かす。また健康を取り戻すための解毒の方法についても解説する1冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房新書
ページ数
196ページ
電子版発売日
2015年07月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

書店員のおすすめ

西洋医学と医者、製薬会社、日本の厚生労働省の利権関係の概要、薬が人々を殺しているということを論理的で説明をしている内容。薬を飲み続けることによりいろんな病気を併発し元に戻らない体になるということを説明している。私自身薬を以前アレルギー体質だったころ薬を飲み続けたことにより頭痛や蕁麻疹がでたりしたので、漢方に切り替えてみたところ体調もすぐによくなった。そんなこともありあまり西洋医学というものを信用していない。なので個人的には以前より意識していた内容なのでびっくりするような内容はないが、本書は今まで意識していなかった人の入門的としてかなり勧め。薬は体に大きなリスクを伴うということ。ワクチン、抗がん剤、抗生物質、放射性物質、トランス脂肪酸など・・・薬に関して細かく分析、説明。自分で様々なことを判断ずらい時代こういう本があるのはありがたい本です。

薬が人を殺している 知っておきたい有害作用と解毒のすすめ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年01月20日

    薬のリスクとは?
    人間にとっては毒
    薬を飲むことで病気のリスクが高まる

    なぜ薬は害があるのか?
    含まれている物質が体に危険なものばかりだから

    どのように解毒していけばいいのか?
    薬は対症療法だと理解して、生活している中の社会毒(砂糖、甘味料、食品添加物など)に気を付け、今まで溜め込んだものは汗で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月07日

    薬については僕もなんとなしには良い面ばかりではない、とは思っている。ただ根拠はない。その根拠となるデータを示されているが、データは採用者の意向により、どうとでも見せる事が出来る。と言う考えが僕にはあるので、決定打にならない。要は何を信じるかは自分次第だと思う。信じて、服用して、安心ならそれで良いので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

    薬と言えば、子供の頃に祖母が糖尿病の薬だと言って、毎食後に何種類もの色とりどりの錠剤を服用していたのを記憶しています。

    子供心に、薬は病気を治すために飲むものと思っていたのに、なぜ会うたびに飲み続けているのだろうと不思議に思っていました。実は、今も同じ思いで、薬は飲み始めたら一生飲み続けなければな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月14日

    内容は面白いけど、いかんせん素人には判断できないのがなんとも・・・
    ジャンクな食べ物我慢して寿命の伸びても・・・

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています