今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略

今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

存亡の危機から一転、いまや全国的に知られるブランドとなり、海外市場への反転攻勢の機会をうかがうまでに復活した今治タオル──。その潜在力を見事に引き出したブランド戦略の秘密を解説。小さな実践を積み重ね、消費者からの信頼を勝ち取るまでの軌跡に、産地&企業再生のヒントを探る。「いいモノをつくっているだけでは売れない」は、「いいモノをつくっているからこそ売れる」に変えられる!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新聞出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年05月15日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年06月16日

    佐藤可士和さん、前にハマって何冊か読みました。

    今回、今治のことを書くのに読む。

    今治の再生に、佐藤可士和さんは最初のりきではなったが、タオルを実際に使って、水の吸い取りの良さ、肌触りの惚れて、プロデュースを決めたと。
    そんなに今治のタオル良いの?
    確か、貰い物どっかにあったな~使ってみる?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月10日

    プロジェクト、プレゼンテーションの要

    説得ではなく、共感
    テクニックではなく 誠実に向き合って、率直に話すこと

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月22日

    ○クリエイティブディレクターの佐藤氏と愛媛県今治市のタオル業組合による、「今治タオル」の復活への取り組みをまとめたもの。
    ○ブランディングの重要性とその難しさを知った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    今治タオルがいかにして復活したかというのを赤裸々に語っていて、具体的な取り組みの事例が記されている。
    歴史がある程度あり、価値が届ききっていないプロダクトのブランディングを考える上ではとても参考になると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月14日

    存亡の危機から一転、いまや全国的に知られるブランドとなり、海外市場への反転攻勢の機会をうかがうまでに復活した「今治タオル」。その潜在力を見事に引き出したブランド戦略の秘密を解説する。

    第1部 今治タオルのブランド戦略
    第2部 世界一のタオル産地を目指して

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月15日

    産地復活の舞台裏が詳細に書かれており、2部構成で、前半は佐藤可士和目線、後半は四国タオル組合の歴代の代表理事目線と面白い構成です。今治=タオルって全く認知がなかったですが、実はうちにもありました“imabari towel Japan”確かに肌触りと吸水性抜群です。本書は四国タオル組合の起死回生を描...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月25日

    哲学のない広告は価値がない。
    佐藤可士和の仕事には、哲学がある。
    ただの企業や商品のロゴデザインにとどまらない。
    企業や商品をあいだにはさんで、その向こうにいる「人」に訴求する。
    ユニクロやドコモやセブンイレブンだけでなく
    今治タオルや明治学院大学のブランディング化も、
    タオルを作る人と使う人
    大学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月03日

    何気なく、もらったタオル。
    赤と青のロゴ。あれ、どこかで。

    今治タオル?なんか聞いた事ある。


    伝えるべき価値、答えは
    そのものの中に。

    そのものを内外に伝える価値と答えは
    著者がデザインしたのか。

    共感したら、それを用いてどうブランド戦略をたてるか。
    まずは共感から。
    使わんと伝わらん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月12日

    佐藤可士和が関わった今治タオル復活までの話。定量化すると2%の成長との事だか、イノベーションとは何か、を整理する良書。メモ。(1)イノベーションとはあらゆる領域で新たな価値の創造をすること。
    (2)本質的価値×戦略的イメージコントロール=ブランディング。今治タオルのキーファクターは安心、安全、高品質...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月13日

    『いいモノをつくってさえいれば売れる』その結果瀕死状態までになった”今治タオル”をブランド戦略によって成功に導いた過程を2つの視点から見た物語。
    ブランド戦略を仕掛けたクリエイティブ•ディレクター佐藤可士和氏、もう一つはジリ貧であった四国タオル工業組合。
    この成功迄に至る両者の視点の違いが面白い。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています