小説 島村速雄 海将伝

小説 島村速雄 海将伝

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
紙の本 [参考] 722円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

バルチック艦隊は、必ず対馬海峡に来る

東郷平八郎を名参謀として支え、日清・日露の海戦に偉大な足跡を残すも、けっして功を語らなかった不世出の海の名将の清廉な生涯

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年05月08日
紙の本の発売
2011年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

小説 島村速雄 海将伝 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年12月02日

    龍馬が作った海援隊を参謀長として、日本海海戦を参謀長として参加した島村速雄の小説。明治期、日本の海軍は東郷平八郎のもと、秋山真之が有名だがその上官に当たる人物。この頃の日本海軍は一番清々しい一面があり人も魅力的に映ります。
    坂の上の雲ほど、描写は細くはないが十分、この時代を楽しめる一冊

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています