コーヒーブルース Coffee blues

コーヒーブルース Coffee blues

作者名 :
通常価格 602円 (548円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1991年、北千住の洋館を改装した<弓島珈琲>。店主の僕(弓島大)はかつて、恋人の死に関する事件に巻き込まれた。その時関わった刑事の三栖は、今では店の常連だ。近所の小学生の少女から、いなくなった姉を捜してほしいと頼まれた僕。少女の両親は入院と言い張り、三栖も何かを知るようだが、事件性がないと動けない。そんな折り、麻薬絡みで僕の恋人を死に追いやった人物が出所。事態は錯綜するが、店の営業も中学生の少女捜しも続けなくてはならない……。薫りたつ珈琲店のカウンターで交差する運命。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2015年05月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

コーヒーブルース Coffee blues のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月29日

    シリーズ二作目だったらしいけど、違和感なく読めたのは 作者の腕の見せどころなのかな?
    物語は、ゆっくり進んでてもどかしく感じながらも、損得勘定なしに、助けててくれる人達がいる主人公は、幸せ者だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    淡々と静かに進むストーリーが、妙に心をざわつかせる。結末への展開が急すぎてアレレだけど一気読み。
    再読しまた傑作を確信。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    二つの事件の絡ませ方…

    もふ 2021年02月27日

    あゆみちゃん失踪事件&麻薬はどこから来た事件。二つの事件を絡ませてくるのは、小路さん時々やるけど、今回は長編だったからかスケールが大きくて、また絡まり方もなかなか複雑で、よくこんな流れを組み立てられるよなーと感心しました…!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月25日

    読後に本棚を振り返って随分前に単行本で読んでいた事に気が付いた。
    気付かなかったのは痛恨ですが、再読でも面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月07日

    おもしろくて続きが気になって一気に読んだ。ページをめくる手を止められなかった。
    どんどん複雑に絡み合っていく事件。ラストまで?がいっぱいでドキドキ。解決シーンはそういうことか!と納得。
    キャラがみんなかっこいいしやさしい。三栖さんすき!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月27日

    舞台は1991年の北千住。

    主人公の弓島大は、祖父母が住んでいた洋館を改築して
    作った喫茶店「弓島珈琲」のマスター。

    大のほか、母親の親友、丹下さんと二人で店を切り盛りしている。

    五年前、同じ広告会社に勤務していた恋人を薬物がらみで殺され、その殺人の疑いをかけられるという過去を持つ。

    ある日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月15日

    喫茶店を営む男の話。

    表紙も見ずに読み始めまさかのシリーズもの。
    そして1作目読んでなし。
    これはこれで楽しめたけど
    順番に読みたかったかな。
    本屋行ってこないと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月01日

    シリーズ物だと知らなくて第二作から読んでしまったけど、内容的には問題なし!
    今まで読んだことのない作家さんの本でしたが、個人的には好きなジャンル。もし違う作品が出てもチェックするかもー。事件の黒幕が若干ぼかし気味ではっきりしないのがちょっと残念…。あと、主人公の過去も。これは第一作から読めばよかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月15日

    前作を文庫本で買ってしまったから、これも文庫化するのずっと待ってた。
    で、『モーニング』を読んだのが結構前だったからこの話を読んでみると、時系列とか登場人物とかがかなりごちゃごちゃしちゃって大変だった。
    後半部分をお風呂上がりに読んでしまったからか、手に汗握る、どころじゃないほど手汗かいて、滑るから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月05日

    前回の話より、遡り、30歳のダイの話。2つの事件はどうなってしまうのだろう、どういう関係があるのだろうと結末がとても気になってしまいました。ダイは、本人には自覚がなくても、優しくて図太い部分があって、本人も辛い思いをしているのに、周囲の負を引き受けてしまう部分がある。今回の事件を通して、また一つ、人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています