夕暮れをすぎて

夕暮れをすぎて

作者名 :
通常価格 680円 (税込)
紙の本 [参考] 689円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

巨匠キングが贈る不思議と感動の物語

ごく普通の人々の人生に訪れる不思議。切ない悲しみの待つ結末、あるいは血の凍るような恐怖。巨匠の才能を堪能できる最新短篇集

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年04月17日
紙の本の発売
2009年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2009年11月10日

久しぶりのキング。大きな短編集の前半部分だってハナシ。早く後半分も出ないかな。
どれももちろんおもしろかったんだけど、印象に残ってるのは『ジンジャーブレッド・ガール』、『エアロバイク』、『彼らの残したもの』かな。それぞれジャンルは違うものの、良い意味でキングらしくて期待を裏切らない。とくに脂質株式会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月16日

スティーブン・キングの久々の短編集。それぞれ、いい。キングらしい短編が続く。「ジンジャーブレッド・ガール」は、まさに王道。そして、この本に納められている全ての短編の中で、「彼らが残したもの」が何よりも、印象深く、よかった。本当に、久々に本読んで泣くかと思った。解説によると、大きな短編集の前半部分がこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月14日

4本がホラー系、3本がサイコ系の短編(〜中編)集。作品ごとに翻訳者も異なり、その雰囲気の違いも味わえる。

ウィラ
 遅延した列車を待つ中、駅舎から一人荒野にさまよい出た婚約者ウィルを捜しに出たディヴィッド。そこで彼はある事実に気がつく。

ジンジャーブレッド・ガール
 突然の病気で子供を亡くしたエ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月15日

1312 久しぶりのキング作品。どれもキングらしく恐怖と遊びの混じった短編集です!どれも良い味出してて一番は決めにくい。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月03日

いかにもキング作品といった感じの「ジンジャーブレッド・ガール」があるけど全体的な印象としては「彼らが残したもの」や「ウィラ」のじんわりしんみりするような話が心に残った。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています