岸辺の旅

岸辺の旅

作者名 :
通常価格 580円 (528円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

あまりにも美しく、哀しくつよい傑作長篇小説

なにものも分かつことのできない愛がある。時も、死さえも――ミリオンセラー『夏の庭』、名作絵本『くまとやまねこ』の著者が描く珠玉の物語

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年04月03日
紙の本の発売
2012年08月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

岸辺の旅 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月19日

    非現実的な設定なのに、不思議とすごくリアルで現実的。なんだかずっとふわぁッと夢の中を漂っているようで、堅実に日々の営みを繰り返している。本当に不思議な時間だった。
    生と死はそのくらい曖昧なのかな。
    その時の自分のステージで受ける印象が変わりそうな作品。またいつか読もう。何度も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    三年前に失踪した夫が突然、帰ってきた。しかし、自分はすでに海の底にいるという。2人は、優介が瑞希の元に帰るまでの3年間の道程を辿る旅に出た。交番の、優介の公開捜査の色褪せたポスターや、いつ消えてしまうとも知れない恐怖。3年間に優介が関わった生者や死者たちとの交流。瑞希が現実に体験している事なのに、妙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    3年前に失踪した夫が帰ってきた。だがその夫の身体は遠い深い海の底で蟹に食われてしまったという。3年かけて妻のもとに帰ってきたその道を、今度は2人で遡って旅をする。それは過去を遡る旅となり、後悔も、悲しみも、痛みも包み込んで、たどり着くであろう未来への旅路となっていく。

    死と生の境目ははっきりとした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月02日

    ファンタジーであり不条理であり寓話でありロードムービーでありコメディでありハートウォーミングものでありホラーでもある。

    浅野忠信はもとから魂の抜けているような顔。なのにチャーミングという。
    ばっちりの演技。(空も風も痛いという凄まじい台詞は、そこらへんの役者には言えないだろう。)
    深津絵里は静かに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月17日

    読み終わってすぐには感想がすぐに見つからなかった。
    なんと表現すればいいのか収まりつかなかったからだ。
    3年間失踪していた夫が帰ってきて、いなかった間どうしていたかを話して欲しいと言った。
    お互いにいなかった間は分からない。そうしたら夫が過ごしていた場所に連れられた。
    死者の世界と生者の世界が交わっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月12日

    死んでしまった人に思いのある人にとってなんと心に響く物語だろう。
    白玉を作っていたらひょっこり現れた優介。生者のような死者と根源に向かうような旅。静かに流れる時間がそれぞれの過去の時間軸と重なり合ってたゆたって存在している。現実感のある不思議な世界でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月13日

    積んで置く状態だった作品に、やっと目を通した。普通の積読ではない。毎日テレビを見る時のそば机の上に積んでいて、目の端で存在を確かめながらまる4年、それでも紐解かなかったのである。いつでも読める、内容は予想がついている、楽しい話ではない、といったことが分かっているときに、私の「直ぐにやらない脳」が発出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月18日

    自分の前から、この世界からいなくなってしまった人と時間を共にできたらどんなにいいだろう。相手について知りたかった事が全てわかるわけではないけれど、自分の心の整理になる。長い旅が終わりに差し掛かる気配が感じられる箇所では涙が出てきた。いい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月25日

    秋に映画をみたので。
    映画よりも感情描写がおさえられてる感じがした。その描写が読んでるこちらをかなしい気持ちにさせるような。
    薫さんの旦那さんとのやりとりとか、みずきの父親とのシーンは小説のが断然よかった。

    生きているうちに、大好きな人たちとたくさんたくさん話をしておきたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月19日

    失踪から3年ぶりに死者になって戻ってきた夫。妻は夫と旅に出る。死者と生者の違いとは?そして結末は?独特な世界観で綴られるストーリー。ひょっとして、街中ですれ違っている人の中には、気づかないだけで死者も紛れているのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

岸辺の旅 に関連する特集・キャンペーン