色

作者名 :
通常価格 1,399円 (税込)
紙の本 [参考] 1,836円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

紫、赤、黄、白、黒、青、緑、茶、そして灰――。九つの色を九つの物語のタイトルにした短篇集。物語の中で滲み、流れ、炸裂し、そしてまた収斂してゆくそれぞれの「色」。染められた祖母の髪、流れる血液、咲き乱れる連翹、爪にたまる垢、真横に疾る雪、合法ハーブ、そして音楽が醸し出す「色」とは――。
作者に英才教育を施し、自らも創作者たらんとした父親を描いた「黄」、母親との間の深いコンプレックスに敢えて分け入り、自らの深奥ぎりぎりまで潜って描いた「茶」など、短編小説の極みを集めた作品集。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
264ページ
電子版発売日
2015年03月27日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年08月17日

色をタイトルにした9の短編。「青」はギター弾きならもっと楽しめただろうな。自伝的短編集なんだけど、「自分」の見方がすごくうまいというか説得力が半端ない。
「紫」と「灰」が好きかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月08日

九色の色をタイトルにして自叙伝的な短編。花村萬月という人、百万遍のときから感じていたけどかなりハードな人生体験をなされているようで今回の「色」でもちょっと理解しがたい。そら恐ろしさを感じながら読んだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月21日

久しぶりの花村萬月作品。
ドラッグとか暴力の表現が、未体験なのに目に浮かぶようで、眉間に皺をよせながら読む。
既読の「眠り猫」と「皆月」 を、久しぶりに読みたくなる。
でもたぶん、読めるのはこの二冊くらいだと思う。
得意な分野ではないのに、この二冊はなんだか好きだったのだ。
この「色」は、あまり入...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています