フューチャー・オブ・マインド 心の未来を科学する

フューチャー・オブ・マインド 心の未来を科学する

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

テレパシー・記憶の増強・AI…… 
SFの世界が現実になる!

脳研究やテクノロジーの進歩により、心の仕組みと働きが劇的に解明されつつある。さらに科学の進歩がつづくならば、われわれの能力や可能性は飛躍的に高まり、驚異の未来が開けるという。
たとえば、心で考えるだけでものを動かしたり、感情や感覚をインターネットで送ったり、記憶や知能を強化することもできるようになったりするのだ。
理論物理学の権威であり、語りの名手でもあるカク博士が、自然界最大の謎といわれる「心」を題材に、壮大でワクワクする旅へと誘う知的エンターテインメント!
NHK「NEXTWORLD 私たちの未来」出演の理論物理学者が綴る第一級のサイエンス・ノンフィクション。ニューヨーク・タイムズのベストセラー1位を獲得した話題の書!

[内容]
第I部 心と意識
第1章 心を解き明かす
第2章 物理学者から見た「意識」
第II部 心が物を支配する
第3章 テレパシー
第4章 念力
第5章 記憶や思考のオーダーメード
第6章 天才の脳と知能強化
第III部 意識の変容
第7章 夢のなかに
第8章 心は操れるのか?
第9章 意識と精神疾患
第10章 人工知能
第11章 脳のリバースエンジニアリング
第12章 心が物を超越する
第13章 心がエネルギーそのものとなる
第14章 エイリアンの心
第15章 終わりに
補足 意識の量子論?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
NHK出版
ページ数
512ページ
電子版発売日
2015年03月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

フューチャー・オブ・マインド 心の未来を科学する のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    決定論と自由意志、考えると今の自分の意識が、適切な表現ではないし、もはや自分の意識を正確に表現する言葉があるとは思えないが、孤独な白昼夢の中にいるようで、途方に暮れる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月03日

    No.753
    1.目的
     最新の脳科学を知り、脳の可能性を理解する
    2.得られたこと
     SF映画の引用が多く、それらが一部の研究では実現している。
    3.アイデア
     TTS2016のオープニングでインスピレーショントークに利用する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月12日

    ミチオ・カク氏が描く世界はSFそのものだ。だがその世界がすぐそこまで来ていることを実感させられワクワクさせられる。最新テクノロジーや最先端研究はここまで実現できているのかと一々驚愕させられる。テレパシーやリバース・エンジニアリング、果てはワームホールまで、なんと夢のような世界だろう。そしてそれらの難...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月06日

     10次元宇宙?のカク博士による、心を科学する、をテーマにした本。最新の動向を平易に説明してくれる。相当に高度なネタなのだろうが、SFやら映画やらいろんなアイテムを使い、また面白い表現を使い、説明してくれるのでありがたい。にも拘わらずよくイメージができないトピックもあり、読むのはそれなりに気合が必要...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月29日

    本書を読むと、脳研究の現在と脳を取りまく技術進歩の大きな方向性がわかる。終盤では地球外知的生命体の話も出てきて、人類がこれから歩むであろう方向性がざっくりと理解できる。
    脳には複数の人格が隠れていること、学習の本質はニューラルネットワークの組み直しであることなどを読むと、へーの連続。また、数世紀単位...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    正月に放送されて話題をよんだNHKのNEXT WORLDにも出演して未来を語った物理学者が「意識」に切り込んだ500ページを越える大著、脳科学のテクノロジーの発達の歴史から物理学者の観点からの意識の定義(ここがとても分かり易く納得感があったので後述)そして、BMI(Body Mass Indexじゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月20日

    量子論から心に迫る本書だけど、小難しさは皆無で文系の僕にもとてもわかりやすい!

    量子論や脳科学の最新の研究成果をベースとして、ロボットの心、異星人の心など、一見突拍子もない領域にアプローチしてるけど、現在解明されている理屈を土台にして想像可能な範囲で紐解いて行くため、無理がなく説得力がある。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月18日

    脳研究最前線の情報が満載であり驚かされることばかりであった。
    最先端技術との組み合わせにより、脳の機能が拡張され始めている。究極的には、肉体は滅びても記憶や意識が生き続ける世の中になるかもしれない。
    20世紀が量子論の幕開けだったとしたら、後世の人たちはiPS細胞と合わせて21世紀を不老不死の幕開け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月15日

    はじめに
    第1部 心と意識
     第1章 心を解き明かす
     第2章 物理学者から見た「意識」
    第2部 心が物を支配する
     第3章 テレパシー
     第4章 念力
     第5章 記憶や思考のオーダーメード
     第6章 天才の脳と知能強化
    第3部 意識の変容
     第7章 夢のなかに
     第8章 心は操れるのか
     第9章 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月03日

    「ひも理論」の研究者のミチオ・カクさんの新著。

    著者のひも理論の解説書の「パラレル・ワールド」は、ほんとうにスゴい本で、私が自然科学系の本を読み始めるきっかけになったもの。この世界が存在すること、それが本当に不思議、驚異にみちたものであることを知的エンターテイメントとして成立させているんです。未読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています