共鳴

共鳴

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大学にも行かず、家に引きこもっている孫・将を強引に自宅へ連れてきた、元刑事の麻生。持ちこまれる近所の事件を調べるため、将を「相棒」に任命した麻生だったが、前途は多難で――。警察小説の旗手が贈る、あたらしい「家族」小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2015年02月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

共鳴 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    推理小説の中に家族の物語がある

    Yuko 2021年01月03日

    元警察官のおじいちゃんと、インチキ引きこもりの孫がご近所のトラブルを捜査しながら、壊れていた家族関係を修復していく様が感動的でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月03日

    家族が再生にむかう物語。
    ぶっきらぼうな祖父と、引きこもりの孫が、それぞれの視点で、それそれに考え、感じて、成長していく。
    予想もしていなかった心温まる家族の話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    主要人物にいまいち感情移入できず、なぜこういう言動をとるのか腑に落ちないまま、物語の顛末だけが気になって読み進めてしまった。後半はそれなりに人物像にも納得ができ、結末も悪くない終わり方だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月05日

    これは古本屋・・だったかな?
    本の背表紙には、元刑事が孫の引きこもりを相棒に任命とあり、興味をそそられて購入。
    元刑事のおじいさんと、引きこもりの大学生とのギャップのありすぎるコンビが面白かった。
    最初はこのコンビで麻薬犯を追い詰めるかと思いきや、家族の介護の問題に切り込んでいくというふり幅に混乱さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月24日

    引きこもりともいえないような状態で暮らしていた将。
    突然現れた祖父・和馬によって拉致され母の実家に連れてこられた。
    二人だけの奇妙な同居生活が始まり、将はこれまでの生活では考えられなかった出来事に遭遇していく。
    老人介護がひとつの大きなポイントになっている。
    将や健太の祖母への思いは、そのまま両親と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月22日

    引きこもりの孫を何とかしようと連れ出すのは元刑事の祖父。家族間の感情の縺れをそれぞれに持っている二人の思いを見守っている感じがする。みんな悪戦苦闘しながら生きている。共通の思いを持つ人が近くにいるのは安心できる。そんな人を身近に持ちたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月11日

    祖父と孫
    素直じゃない二人の素直になるまでの話
    家族だから、身近だから難しいんだよね

    切りたくても切れない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    一言て言うと底の浅い話かな。引きこもり青年の将と元刑事の麻生、この二人の、ストーリにあまり関係ない長い思考により、展開は非常に遅い。麻薬売買の犯人や関係していると思われる中国人女性はほぼ登場せず終盤で警察が身柄確保してしまうし、最後まで引っ張った祖母の殺人疑惑も大方予想通りの真相だし。
    家族のあり方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    読みやすくて読後感も良く楽しめた。話にいろいろな要素が含まれていて、様々な角度から読むことができる物語になっていると思った。元刑事である麻生さんのスーパーじいさんっぷり&人情の厚さもよかった。笑 孫の将と近所の高校生の健太はきっと立派な大人になるんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月14日

    家族小説、なのかな。
    堂場氏が描くとこんな感じに。

    警察OBじいさんも、ひきこもり青年も、堂場小説の主人公だね!とゆうキャラになってます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング