紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会への招待状~
  • 最新刊

紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会への招待状~

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 627円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

銀座の路地裏の洋館で、ひっそりと営業する紫陽花茶房では、英国伯爵の血を引く青い瞳の店主・紫音と、給仕のハイカラ女学生の月子が、帝都一おいしい紅茶でおもてなし。今宵、紫音の淹れる“魔法茶(ポーション)”で、夢の世界を訪れるのは……? 不思議な三人の老女に誘われた、紫音と月子の出会い。月子の忘れられた初恋。そして……? 大正喫茶ロマンス、ついに完結!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年08月21日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会への招待状~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月19日

    初読み作家さんです。どの話もほろっとする部分もありとても面白かったです。
    3冊いっき読みでした。
    これで完結なのですね、紫音と月子の今後もみたかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    紫音と月子が出会う前の紫陽花茶房のお客様である、奥勤めをしていたマクベスの三人の魔女のようなお婆さんたちが新鮮だった。大正が舞台だと、自分の生きて来た時代として大奥が普通に出て来ちゃったりするんだなあ。時代柄、西洋かぶれの月子が最後まで女学校に居場所がないところが少し淋しかった。いい子なのになあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月10日

    中のシリーズ1冊を飛ばし、1巻と3巻目のこれを
    読んでしまった。

    最初の本では淡白なだけの青年貴族の彼が
    ヒロインを今回はデビュタントに誘う。
    それは実は正式な求婚で…と言ったお話。

    ゲストキャラのヴィヴィが可憐で素敵。

    どんな経緯を持ってそうなったか知りたかったら
    途中の1冊を読むべきだが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年06月19日

    新刊出てると知って、本屋さんで手に取り、帯を見てしばし呆然としてしまった...
    だって!たった三巻でもう終りだなんて!!
    もっといろんな人との出会いと夜のお茶会を見たかったし
    何よりもっと紫音と月子の可愛いやりとりを見ていたかったし!! 本当に残念です...
    最後が少し駆け足だなぁなんて思ってしまっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

紫陽花茶房へようこそ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 紫陽花茶房へようこそ ~ふたりのための英国式魔法茶~
    銀座の路地裏に建つレンガ造りの洋館、紫陽花茶房。帝都一おいしい紅茶で客人をもてなす青い瞳の店主・紫音は英国伯爵家の御曹司で、自称“魔女の孫”。紫音の淹れる“魔法茶”はワケありの客人たちを一夜の夢に誘って……? 「深夜十二時、夜のお茶会を開きましょう」。ちょっと不思議な青い瞳の店主と給仕のハイカラ女学生・月子が出会う、香り豊かな英国式魔法茶をめぐるハートフル・ストーリー。
  • 紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会は英国式で~
    時は大正。銀座の路地裏にある、レンガ造りの洋館。英国伯爵と“魔女”の孫である青い瞳の青年・紫音が営む紫陽花茶房には、ちょっぴりワケありの客人がやって来る。店主特製の魔法茶を饗する真夜中のお茶会が、こんがらがった心の糸を解きほぐしてくれて…? 男装の麗人の秘めた過去とは? そして、西洋嫌いの頑固な老人の隠された想いとは? 心温まる3つの物語を収録。
  • 紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会への招待状~
    銀座の路地裏の洋館で、ひっそりと営業する紫陽花茶房では、英国伯爵の血を引く青い瞳の店主・紫音と、給仕のハイカラ女学生の月子が、帝都一おいしい紅茶でおもてなし。今宵、紫音の淹れる“魔法茶(ポーション)”で、夢の世界を訪れるのは……? 不思議な三人の老女に誘われた、紫音と月子の出会い。月子の忘れられた初恋。そして……? 大正喫茶ロマンス、ついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社コバルト文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング