有料版の購入はこちら
通常価格: 815円
 (741円+税)
紙の本: [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント:

4pt

東大合格生のノートはどうして美しいのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年11月30日

    ノートについての解説が、沢山ありますね。いずれも面白い工夫に満ちています。
    この本が好きなのは、ノートを調査しているところ。芥川龍之介や島崎藤村のノートの写真が載っています。
    考えたら、このノート、というテーマは日本民族の学習に関する民族的な調査ともいえますよね。ノートの書き方なんて、せこいことはい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    前作に比べ「なぜ東大生のノートはすっきり読み易いのか」が分かりやすい内容となっています。京大生や文豪のノートも掲載されていて、他人の手帳やノートを見るのが好きな人にもおすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月16日

    あくまでノートは自分スタイルが基本。その上で、自分の書き方にマンネリを感じ始めたら読むといい。美しいノートは見ていて楽しいし、自分を鼓舞するのに最適。そうやって自分のモチベーションを維持していくのは、なお楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月15日

    ひさしぶりに、著者の方と連絡がとれ、舞い上がって手にした1冊。
    質問に丁寧に答えている姿勢はさすがだと思います。

    また、東大生のノートをみわけられなかった経緯も隠さず書かれており、好感が持てます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月08日

    勉強ができる人=ノートは綺麗
    とは誰もが一度は思うことだけれども、はたして本当なのだろうかというこの本のアプローチは非常に面白いものだった。
    体験談になるが、自分が高校時代成績が伸びた頃というのはノートに対する姿勢も変わり始めた頃だったので少なからず因果関係はあるように思っていた。そしてこの本を読む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月26日

    読んでいるだけでノートのスペースの使い方が上手くなる不思議な本です。実際に解説は無いのだけど良い見本が数多く載っていることで自然とバランスが取れるようになるのだと思う。何度となく見返してみています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月21日

    他人の勉強ノートなんて見る機会ないので面白かったです。
    勉強以外にも利用できるアイデア満載!
    さっそくノート買いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月09日

    何事をするにもノートは有効だなぁと思ったので、自分のノートのフォームを探る手がかりにすると思って買いました。高校入学から5年間勉強サボってたから、ノート関係のスキルが本当低くて結構苦労している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月13日

    これ、中学生の時に読みたかったなー。
    1教科に複数のノートを使用するって、知らなかったなー。
    東大生と京大生の違いとか、おもしろかった。

    中学2年の時、社会の先生が色を多用してめちゃくちゃ板書する人で、ノートをとることだけに必死。
    色の使い分けの法則は結局わからなかったし、成績は落ちる一方。
    あれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ノートの使い方が、素敵。

    プライベート用のノートに、
    本書に載っていたような表紙をデザインしていきたい
    とおもったw


    ノート作りのちょっとしたアイデア用に
    気軽に読んでみてもいいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

東大合格生のノート のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 東大合格生のノートはかならず美しい
    東大合格者のノートは美しい。最後までテンションが落ちない。その“ノート術”を科目別、性格別に紹介、解説した全く新しい参考書。東大に合格した高校生のノートを175冊も集めた太田さんは、その共通点を分析し、(1)とにかく美しい(2)大学に入学してからもノートを残している(3)余白を作り、授業時間内に理解する努力をしているなど7つの法則を発見。多数の東大生のノートを原寸大で公開して、授業ノートの技術を徹底的に解剖するまったく新しい本の誕生。
  • 東大合格生のノートはどうして美しいのか
    あの「東大生ノート」が、まったく新しい発想でまた出現! 話題の『東大合格生のノートはかならず美しい』の意外な展開の第2弾。ノーベル賞受賞者の受験時代のノートなどを大公開! ※電子版では、一部記事(「文豪のノートも美しい?」)など、掲載されていないページがあります。
  • 東大合格生の秘密の「勝負ノート」
    シリーズ累計50万部のベストセラー、最新刊! 学力を東大合格レベルまで引き上げる「勝負ノート」のつくり方を教えます! 2008年に発売し、大ヒットした『東大合格生のノートはかならず美しい』。あれから6年、講演先などで、ノートづくりに悩む学生や、ノート指導に悩む先生や親たちと出会った著者の太田あやさんは、改めて東大合格生を取材し、彼らを合格へと導いたノートと向き合うことにしました。 取材を進めるうちに、太田さんは、東大合格生が共通して持っている“あるノート”の存在に気がつきました。 必要な知識が自分流に整理され、弱点克服に力を発揮し、効率的な勉強スタイルを支え、成績を東大合格レベルまでアップさせ、ときには不安な心の拠り所にもなった、知識と精神の両面から彼らをサポートしたノート。 東大合格生たちが、お守りのように受験会場にも持参し、最後まで一緒に闘ったその“究極ノート”を、本書では「勝負ノート」と名付けて徹底分析していきます。 さらには、東大合格生たちの勉強法や思考法にも踏み込み、その結晶である「勝負ノート」のつくり方を丁寧に解説します。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています