レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課

レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アウトローの刑事ばかりが集められた部署、警視庁刑事部捜査零課。 盆栽に話しかけてばかりいる“昼行灯”羽佐間警部、スマホゲームに熱中する“美人すぎる女刑事”春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。零課に配属されたばかりの“死体アレルギー”宝福巡査。そして死体の顔をコピーできる特殊能力をもつ女刑事、音無巡査。 かつて連続殺人犯に姉を殺された音無レイカは、ずっと犯人を追いかけていた。するとある日、犯行手口がそっくりな事件が発生する。憎むべき連続殺人犯が再び動き出したのだろうか――?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2015年02月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

Posted by ブクログ 2015年01月17日

コスプレにまつわる事件は面白いと思いました。確かにこういった思考をする人はいるでしょうねぇ。
だんだんレイカがデレてきているのがなんとも。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • レイカ 警視庁刑事部捜査零課
    警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれたアウトローの刑事ばかりが集められた部署。 デスクのそばに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは、驚くべき才能をもつ女性刑事だった――...
  • レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課
    アウトローの刑事ばかりが集められた部署、警視庁刑事部捜査零課。 盆栽に話しかけてばかりいる“昼行灯”羽佐間警部、スマホゲームに熱中する“美人すぎる女刑事”春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。零課に配属されたばかりの“死体アレルギー”宝福巡査。そして死体の顔をコピーできる特殊能力をもつ女刑事、音無巡査。 かつて連続殺人犯に姉を殺された音無レイカは、ずっと犯人を追...
  • レイカ〈3〉 警視庁刑事部捜査零課
    かつて連続殺人犯に姉を無残に殺され、その犯人を長年追いかけ続けている女性刑事、音無レイカ。 ある日、殺された女子大生の首が、殺人犯以外の手によって持ち去られるという事件が起こった。姉が巻き込まれた「首狩り事件」の犯人と、つながりがあるのでは……と、レイカは疑いはじめる――。 “昼行灯”羽佐間警部、“美人すぎる女刑事”春日警部補、“死体アレルギー”宝福巡査といった、警視庁刑事部捜査零課...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「小説」ランキング