レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課

レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

アウトローの刑事ばかりが集められた部署、警視庁刑事部捜査零課。 盆栽に話しかけてばかりいる“昼行灯”羽佐間警部、スマホゲームに熱中する“美人すぎる女刑事”春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。零課に配属されたばかりの“死体アレルギー”宝福巡査。そして死体の顔をコピーできる特殊能力をもつ女刑事、音無巡査。 かつて連続殺人犯に姉を殺された音無レイカは、ずっと犯人を追いかけていた。するとある日、犯行手口がそっくりな事件が発生する。憎むべき連続殺人犯が再び動き出したのだろうか――?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
シリーズ
レイカシリーズ
電子版発売日
2015年02月10日
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年01月17日

    コスプレにまつわる事件は面白いと思いました。確かにこういった思考をする人はいるでしょうねぇ。
    だんだんレイカがデレてきているのがなんとも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月12日

    再びな首切り事件、再びな連載前、再びな誘拐事件。
    すべて、再び、の連続短編。

    さすがに驚きの首切りですが、この時点で怪しいお兄さん。
    ミスリードかもしれませんが、タイミングと
    やってる事が、と思ってしまいます。
    コスプレ集団は驚きの結末でしたが、その前に
    盗撮魔って本当に手段を選ばないんだな、と。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月02日

    中核でもある9年越しの難事件が1冊でそうそうに締まるとは思ってはいなかったが、なんとも言い難いto be continuedってやつだった。
    2話目を足掛かりにした3話目、結末は呆気なかったが次巻以降にもまた出てきそうなワルイヤツの憎らしさ溢れるキャラクターには期待したい

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月23日

    一巻にもましてダークストーリー。縦軸の首狩り殺人事件およびレイカの過去があるわけですが、最後の方で碇が犯人であるようなそぶり(たぶん、違う)が、あったり、きっちり続編書く気満々なのが良かったです。
    すでに宝福大和の死体アレルギーがどうでもよくなっているという。

    このレビューは参考になりましたか?

レイカ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • レイカ 警視庁刑事部捜査零課
    警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれたアウトローの刑事ばかりが集められた部署。 デスクのそばに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは、驚くべき才能をもつ女性刑事だった――。 心に深い傷を負った美しき女刑事レイカと、正義感あふれる大和刑事。陰惨で哀しい殺人事件に遭遇する彼らが、凶悪な犯人を追いつめていく。
  • レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課
    アウトローの刑事ばかりが集められた部署、警視庁刑事部捜査零課。 盆栽に話しかけてばかりいる“昼行灯”羽佐間警部、スマホゲームに熱中する“美人すぎる女刑事”春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。零課に配属されたばかりの“死体アレルギー”宝福巡査。そして死体の顔をコピーできる特殊能力をもつ女刑事、音無巡査。 かつて連続殺人犯に姉を殺された音無レイカは、ずっと犯人を追いかけていた。するとある日、犯行手口がそっくりな事件が発生する。憎むべき連続殺人犯が再び動き出したのだろうか――?
  • レイカ〈3〉 警視庁刑事部捜査零課
    かつて連続殺人犯に姉を無残に殺され、その犯人を長年追いかけ続けている女性刑事、音無レイカ。 ある日、殺された女子大生の首が、殺人犯以外の手によって持ち去られるという事件が起こった。姉が巻き込まれた「首狩り事件」の犯人と、つながりがあるのでは……と、レイカは疑いはじめる――。 “昼行灯”羽佐間警部、“美人すぎる女刑事”春日警部補、“死体アレルギー”宝福巡査といった、警視庁刑事部捜査零課の個性的な刑事たちとともに、レイカは意外な真相へと突き進んでいく。 待望のシリーズ完結篇!

レイカ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

メディアワークス文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング